ここから本文です

東京・千代田区にある民間の研究所が、がんの免疫療法に使う細胞を無許可の施設で...

ロンリーフリーマンさん

2017/7/1419:15:02

東京・千代田区にある民間の研究所が、がんの免疫療法に使う細胞を無許可の施設で製造していたことが分かり、厚生労働省が製造停止を命じました。

厚労省によりますと、千代田区の「生命科学研究所」はがんの免疫療法に使う細胞を許可を受けていない施設で製造していました。

この治療法は、患者の血液から取り出した免疫細胞を増やし、体に戻すことで免疫力を高めるとするもので有効性は確立されていません。

この研究所は、これまでに100人を超える患者の免疫細胞を無許可で製造していたということです。

厚労省は、細胞の提供を受けた全国18の医療機関に対し、患者に健康被害が出ていないか報告するよう求めています。

という事ですが、この生命科学研究所が開発した免疫細胞が本当にがんに効くなら、人殺し省である厚労省は、アメリカロックフェラー・CIAや極悪安倍自公政権の命令に従って、日本国民の健康を考えるどころか病気にしたり、病気を悪化させて人口削減を行いたいので、製造停止を命じるのも当然ではないのでしょうか。

厚生労働省,免疫細胞,千代田区,生命科学研究所,免疫療法

閲覧数:
95
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

法学徒さん

2017/7/1419:47:29

たぶんそうなりますね
そうでしょうね

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる