ここから本文です

土地の境界線についてです。 実家の隣家が家を売るということで、 境界線のこと...

アバター

ID非公開さん

2017/7/1723:48:44

土地の境界線についてです。
実家の隣家が家を売るということで、
境界線のことで不動産屋に立ち会ってくれと言われたらしいのですが、
その際に、実家の印鑑証明と登記書の提示を求められたというのです。

「どうしてうちが家を売るわけでもないのに、印鑑証明が必要なのか?
なにかおかしいのではないか?」と言って、
実家の母から電話がありました。
境界線は、はっきりしていて印も明確です。
これはどう考えてもおかしいですよねえ。
詳しい方教えて下さい。

よろしくお願いします。

閲覧数:
674
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mop********さん

2017/7/1809:29:34

下のmop2365specialの別IDですが・・

本来、隣地所有者同士の土地の所有権の境界の合意契約書(隣接境界線証明書)には実印と印鑑証明書を添付すべきです

間違いなく所有者が意思表示をしたという真性を担保するためです

ただ官民境界確定においては隣地所有者の承諾員は認印だけで済ませています。また隣地については所有権登記名義人でなくても所有者の奥さんや、名義人の長男の奥さんが管理者として認めを押してOKということにしています

それは本来法的にはおかしいのだが、市役所という自治体が裁量権でそれを認めており(でなければ現実に実務が全く進まないでしょう)、裁量権を持った官公署が認めているのだから、法務局も登記申請書に添付された官民境界確定書においてそれらの矛盾には介入しないということです

あと、民地同士の隣接境界線証明書も上に書いた通り実印と印鑑証明書を添付すべきだが、それは裁判における証拠能力の問題であって、認めで済ませるのならそれは当人の自由です

また、不動産登記法において隣接境界線証明書に実印+印鑑証明書をつけるようになっていないので、認めでも却下事由にならないということでしょう

ただ質問の場合、不動産屋が要求したのが印鑑証明書と登記済証(権利書)ならばそれはかなり疑問です

何に使うのかよく説明を求めるべきでしょう

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/7/1810:29:04

    度々お答えいただき感謝致します。

    今実家に再度確かめましたら、昨日は登記なんとかと
    言っていたように思ったのですが、
    わたしの聞き違いだったのか
    どうやら印鑑証明と、地図だというのです。
    この地図というのは、地積測量図のことだと思うのですが。。。
    違いますか?
    その2点を求められているらしいです。
    なにぶん実家もわたしも専門的なことが分からず
    申し訳ございません。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/7/24 00:40:50

mop2365specialさん  何度も返信下さりありがとうございました!!

他の皆様もお世話になりました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yym********さん

2017/7/1811:26:51

境界確認書(確定図)に実印+印鑑証明書は不要です。
地図・・法務局関係で地図を示す図面は、、国土調査等による成果図のことです。
地積測量図を地図とは言いません。

勘違い、的外れ、思い込み等の回答に惑わされてはダメです。
お近くの土地家屋調査士に、同じ質問をして、明快な回答を得た方がいいですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

beg********さん

2017/7/1811:06:51

現在の境界線が正しいことを、現在の所有者が証明するために、現況測量図作成のためでしょう。

これが、確定測量であれば、土地家屋調査士が行います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

cbn********さん

2017/7/1807:35:38

①、隣家が土地建物を他人へ譲渡の場合には、境界線や境界杭があ
っても近隣者や新規購入者と境界線トラブルが生じ易くなります。
其れをなくす為の事前に法的明確な「土地境界確定図」を作成が目的
です。また、法務局の「筆界特定制度」には宅建者はでて来ません。

②、土地の境界確定には、土地家屋調査士が測量と図面の作成をして
「土地の更正登記」もできます。測量士では更正登記もできません。
測量図に相違なければ、所有権者の署名と認印、実印の何れも良いが
必要とします。公図や土地登記簿謄本は土地家屋調査士が取得します。

③、貴方様の実家土地に敷地境界コン杭があっても最近の国土調査測
量図や法務局の土地筆界特定度の図、土地境界確定図がなければ、法
務局の地積図も法的な参考程度のものに過ぎないようです。其の為の
「土地境界確定図」の作成です。【完了後に写し頂く条件とすること】

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

son********さん

2017/7/1802:30:59

立ち合いの時は実印を押す必要はありません、、直筆サインと認印でいいですよ、、権利書も必要ありません、、、権利書は見当たらないと言えばいいです、、今まで何度も境界確定しましたが実印を求められた事はありません、、権利書を求められた事もありません、、

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mia********さん

2017/7/1800:50:41

立会の時に、実印と実印であることを証明するために印鑑証明書を出すのは当たり前ですが、そもそも境界の石が入っていて、法務局にも地積測量図を出してあるのなら必要ないと思います。
ただ、昔の境界はいい加減なことが多いので、売却の時には立会をするのが一般的です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる