ここから本文です

減価償却費と貸倒引当金がなぜこの答えになるのかがわかりません。

kai********さん

2017/7/2412:25:54

減価償却費と貸倒引当金がなぜこの答えになるのかがわかりません。

どうしてこの答えになるか教えてくさい。

問題は

1.売掛金の期末残高に対して、2%の貸倒引当金を差額繰入法により設定する。

2.建物は、耐用年数30年、残存価額10%、定額法で減価償却を行う

3.備品は、耐用年数5年、残存価額ゼロ、定額法で減価償却を行う

貸倒引当金,減価償却,定額法,残存価額,耐用年数,貸倒引当金繰入20 000,貸倒引当金20 000

閲覧数:
64
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tca********さん

2017/7/2413:38:30

まず会社の財産と会社の儲けが逆です

一番右(貸借対照表)が会社の財産
その隣(損益計算書)が会社の儲けです

さて、本題

◆建物
(1,500,000-150,000)÷30年=45,000

◆備品
250,000÷5年=50,000

以上により

減価償却費95,000

建物減価償却累計額45,000
備品減価償却累計額50,000

◆貸倒引当金
(2,000,000×2%)-20,000=20,000

貸倒引当金繰入20,000

貸倒引当金20,000

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる