ここから本文です

炭酸水素イオンと呼吸性アシドーシスについて質問があります 内呼吸で酸素が使わ...

kyf********さん

2017/7/2721:48:52

炭酸水素イオンと呼吸性アシドーシスについて質問があります
内呼吸で酸素が使われるとほとんどは炭酸水素イオンになって運ばれますが
換気障害で呼吸性アシドーシスになった場合身体は酸性傾

いています
でも炭酸水素イオンって増えすぎた酸を抑える役目がありましたよね?
ならなぜ換気障害で炭酸水素イオンが排泄できないと酸性に傾くのかを教えて頂きたいです

閲覧数:
100
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2017/7/2910:57:04

HCO3- + H+ ⇄ H2CO3(H20 + CO2)

この化学平衡が生体内で起きているかと思いますが、換気障害が起こると、CO2の排気が滞りますから、この化学反応は左側によります。

そうすると水素イオンが増えますから、pHが下がります。(アシドーシス)

体内では、リン酸バッファーや炭酸バッファーの緩衝作用がありますが、
それを超える変化があれば、pHも変動しても不思議はないかと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる