ここから本文です

民法の物権法に自信のある方よければ回答お願いします。 ①Aは、自己所有の甲土...

アバター

ID非公開さん

2017/7/2913:04:03

民法の物権法に自信のある方よければ回答お願いします。

①Aは、自己所有の甲土地をBに賃貸し、Bは、甲土地上に乙建物を建てるとともに、乙建物にB名義の所有権登記をした。その後、Bは、C銀

行から融資を受けた際、乙建物にC銀行のための抵当権を設定し、その旨の登記をした。しかし、返済期日の到来後もBが融資金を返済しなかったので、C銀行は、乙建物の抵当権を実行した。この場合、Bは、乙建物を甲土地から撤去しなければならないか。


②Aは、自己所有の甲土地をBに賃貸し、Bは、甲土地上に乙建物を建てるとともに、乙建物にB名義の所有権登記をした。その後、Aは、C銀行から融資を受けた際、甲土地にC銀行のための抵当権を設定し、その旨の登記をした。しかし、返済期日の到来後もAが融資金を返済しなかったので、C銀行は、甲土地の抵当権を実行した。この場合、Bは、乙建物を甲土地から撤去しなければならないか。

閲覧数:
45
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zak********さん

2017/7/2913:15:22

質問する前に調べましたか?
検索すると五秒でわかるようなことをわざわざ聞くのは時間の無駄ですよ?

回答者のことを考えて質問してますか?
回答者が無駄な時間を使わないように気を使うと気持ちの良いやり取りができます。
沢山の質問をまとめて一回で解決しようとしてませんか?
学校の課題や問題をコピペするだけなんて論外ですよ?
一時間もかかるような論文を作るように要求してるんでしょう?やってくれる人がいるわけないと思いましょうよ

質問するためには最低限の前提知識が必要になります。
テキストの該当箇所を読み、わからない単語すら調べないで聞く人は一生理解できないですし、望む回答は無いでしょうから聞くだけ時間の無駄ですよ。

  • zak********さん

    2017/7/2913:21:07

    無駄でしょうが端的に答えを教えます。


    ①Bがじゃねえだろうなあ。写し間違いだな
    競落した人は借地権も競落する。「承諾」により建物を壊す必要なし

    ②Bは、借地権を原則対抗できるから乙建物を甲土地から撤去しなければならない訳がないのが原則。




返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kaw********さん

2017/7/2913:26:26

ほとんど何の論点も無い,基本,条文知識だけで解ける問題やないか。

①は,問題文が良くないな。Aが賃借権の無断譲渡を理由に契約解除しない限り,「乙建物を甲土地から撤去しなければならない」という事態は起こりえないからな。

前の方の解答で問題ないが,根拠条文をきちんと記しておくことやな。

プロフィール画像

カテゴリマスター

大原 秀さん

2017/7/2913:18:17

① そもそも抵当権が実行されたんだからBに撤去権限なんかありません。買受人の権利を侵害します。
なお、買受人は建物と、Aの承諾ないしは裁判所の許可で借地権を取得します。

② 借地権の対抗要件が備わっているので。建物撤去の必要がありません。土地の買受人に対抗できるからです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる