ここから本文です

数学の歴史に疎いので、疑問に感じるところなのですが、球面幾何は古くから知られ...

oma********さん

2017/7/2918:25:00

数学の歴史に疎いので、疑問に感じるところなのですが、球面幾何は古くから知られていたにも関わらず、非ユークリッド幾何としては、永く認識されなかった理由は、何でしょうか?

閲覧数:
50
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

edd********さん

2017/7/3009:34:16

非ユークリッド幾何学が新しい概念だからです。ロバチェフスキー、ヤコビ、リーマン以降の概念になります。

一方、球面幾何学は、暦作成のための天文学や航海術の天文航法で実質的な必要があたので、数千年の歴史があります。

  • 質問者

    oma********さん

    2017/7/3010:03:41

    球面幾何が「平行線公理を満たしていない幾何学」という認識が概念としてなされなかったということでしょうか?

    球面幾何は双極幾何と比較して、随分、分かりやすい反例に思えたので…

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/8/3 18:06:49

回答ありがとうございました。
概念がないところでは「平行線公理の反例」という発想にも達しなかったんでしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる