ここから本文です

建売住宅を購入し太陽光パネルを設置しようかと見積もりを出してもらったのですが...

アバター

ID非公開さん

2017/7/3013:52:57

建売住宅を購入し太陽光パネルを設置しようかと見積もりを出してもらったのですがどうなのでしょうか?
家族構成は、大人2人、幼児2人(5歳と2歳)、今年出産予定の乳児の五人家族で日中も家にい

る事が多いです。
家は南向きで前には大きな道路が通っているので今後前に建物が立つようなことは無いです。
見積もり内容では、パナソニックのパネル18枚、年間推定発電量が5300kwh程、年間推定発電金額が140000円程だそうで工事費込180万ぐらいだと言われました。モニター価格らしいです。

まだ子供も小さく、日中家にいる事が多いのでいい話かなとも思うのですが、この内容で設置しても大丈夫なのでしょうか?
どうか、無知な私にご教授よろしくお願いします。

補足もし設置することになった場合、見積もりを比較して決めた方がいい!というのは分かったのですが、そもそも太陽光パネルを設置するメリットはデメリットよりもあるのでしょうか?
家族5人(大人2人、幼児2人、乳児1人(予定))、南向き、オール電化、これから先3年程は働く予定がないので日中も子供達と在宅、補助金がない(市の補助金制度はありませんでした。)

太陽光パネルや相場の事はまだまだ無知なため調べている際中なのですが、数年で太陽光パネルを外したい。高額な買い物をして損をした。などの声も見られるので…。
売電で収入を得たい!と言うよりは家庭で使う電気を時間帯関係なく我慢なく使い月々の電気代も安くしたい!(ワガママです…)が私の希望なのでまだまだ住宅ローンもありますしお金が無いのに損するために付けるのも…と思いまして…。もうしばらくお付き合いして頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

閲覧数:
162
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nuariocrvgさん

2017/8/111:52:56

年間14万円の収入で180万円の初期費用っていうことは約13年での回収になります。
太陽光パネルの容量的に売電単価の契約年数は10年ということになります。

http://www.yokohamah.jp/contents/265.html
こちらにあるように10年を経過したら「発電事業者と電気事業者との合意で価格を決める」ことになるので最悪13年どころではない可能性があります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fate_5792さん

2017/8/104:21:12

他人を信用して後で後悔しないようにしてくださいね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

chiemichemiさん

2017/7/3015:55:24

モニター価格を訴求している時点で訪販と推察できます。
訪販営業は受注に至福の悦び、つまり個人の成功報酬歩合制に生きがいを感じています。なので価格は高く、あなたの利益より自己の利益を追求します。

一括見積サイトを活用して複数業者の相見積をとることを強くお勧めします。

プロフィール画像

カテゴリマスター

iidasevenさん

2017/7/3015:40:50

世界最大の太陽光発電工場が倒産したのに久しく、此れから太陽光発電を計画されている方は、地球環境をお考えの方だと思います。

消費する電気料金よりも電気の仕入れ価格が高い異常な状態です。
販売価格よりも高い仕入れの物は市場原理に反しています。
電気の買取価格がいつ下がるかも分からない時に本当に付けるのでしょうか?

経済産業省の改正FIT法を読みましょう。

太陽光発電システムにおいて、余剰電力発電は発電料が使用料を上回れば利益に成ります。

電力料金に再生エネルギーの負担金が上乗せされているので載せないと、再生エネルギー発電業者にお金を払っている事に成ります。
将来環境税が固定資産税の様な税負担になった場合CO2の排出量で課税される可能性があり、その際再生エネルギー事業者には減免が有りそうです。

屋根裏の断熱がしっかりされて居ないと、金属なので蓄熱をして小屋裏が輻射熱で暑く成ります。販売業者は日除けになると説明します。
がメンテナンスコストが掛かりますので、ご注意下さい。

太陽光発電装置は新築の屋根に屋根材タイプを設置すると固定資産税の課税対象に成ります。
スレートの3〜4倍の評価基準で計算されます。
後付けタイプは非課税です。しかし建物の1番高い場所に1kwあたり100kg程の重量が有りますので耐震上の懸念が有ります。

屋根の防水下地のルーフィングの寿命が30年です。防水メンテナンスの為に取り外す時は足場を掛けて10万円、専門の技術者が撤去するのに20万円〜30万円掛かります。

10〜15年でパワーコンディショナーの交換時期に成ります。容量にもよりますが15万円〜30万円程掛かります。室内設置のパワーコンディショナーで低周波被害、電磁波による体に及ぶ影響も出て居ます。

電気配線の寿命も30年が限界です。

後付けタイプを撤去した場合は、屋根の防水処理は必須条件です。

全量買取10kW超の場合は、送電線容量が小さ場合設置出来ない場合や、変圧器を自費で設置する場合も有ります。
災害時に日中は使用出来ますが夜は蓄電池が無いと使用出来ません。
災害の為に電力を確保する場合はガソリンエンジンの自家発電機の方が電力も安定して使え、外でも避難先でも使用出来ますので活躍します。
光熱費、以外の設置費用、メンテナンスコスト、ランニングコストの総合で付けるかやめるかを決めてはいかがでしょうか。

d19810522さん

2017/7/3015:33:11

断り、いろんなところで見積りとりましょ。

2017/7/3014:10:30

設置は良いと思いますが、高いと思います。
何のモニターなんでしょうか?どこに頼んでも1kwあたり35万税込くらいにはなるなるはずです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。