ここから本文です

数年前に航空会社のスカイマークが倒産して最終株価の数十万円がゼロになりました...

sagaseifuさん

2017/8/1011:00:06

数年前に航空会社のスカイマークが倒産して最終株価の数十万円がゼロになりました。

倒産が発表された翌日に、株に詳しい友人に聞いたら、
「売りに出せば、誰かが1万円で買ってくれる」と

教えてくれました。

実際にその通りになりました。

誰が何のために買うのか、いまだに疑問です。
税金対策でしょうか、何が目的でしょうか?

閲覧数:
125
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2017/8/1023:35:04

倒産(通常は、民事再生法など申請)が、即、株式無価値ではないからです。

結果的には、無価値となりましたが、当時、債権者であるエアバスやリース会社が、ANAやJALと裏取引しているとか、スカイマークが持っている羽田枠を担保に出資を受けるとかの噂が飛び交いました。

もし、噂が本当になっていたら、あなたは儲け損ねたことになります。

それが理由です。

昨今のタカタの倒産でも、株価は1円になっていません。

  • 質問者

    sagaseifuさん

    2017/08/1023:58:39

    なるほど。
    全国民に倒産の事実が知らされた時、他の情報が飛び交った。
    本当に倒産するかどうかは、やや不透明だった可能性がある。
    その可能性にかけた投資家がいてもおかしくないか?

    民主党時代の国交省の前原大臣が株主切り捨てを決定したが、
    政府の株主救済策も一縷の可能性を秘めていたようにも思える。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/8/11 00:00:08

ありがとうございました。
ようやく納得できました。
市場の他者からの救済に加えて政府への期待もあったでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/8/1023:58:14

嘘を書き込んではいけない!

スカイマークは2015年1月28日に民事再生法の適用を申請。

これを受け、同社株は現在、東京株式市場で整理銘柄に指定された。

1月28日に317円(終値)だった株価は、続く29、30日と値幅制限(80円安)いっぱいまで値下がりした。

2月2日に東京証券取引所が値幅制限ルールを撤廃したため、一時16円まで売り込まれ、16日と17日には年初来安値の10円をつけた。

だがしかし、だが、ネットでスポンサー候補の企業名が報じられ、2月17日に株価は上向き、2月18日以降は20~30円台で取引されて続けた。


2月27日が取引最終日で、3月1日付で上場廃止となることから、2月26日の終値は前日比6円安の26円だったはずだ!

短期間で利ざやを荒稼ぎするマネーゲームとなったが、スポンサー企業の具体名が挙がり、再生への期待感から勘違いしている投資家が多く値崩れしなかったのだよ(笑)

嘘を書き込んではいけない!

スカイマークは2015年1月28日に民事再生法の適用を申請。...

2017/8/1011:12:58

信用売りの決済のためでしょ。

あわせて知りたい

このカテゴリの回答受付中の質問

一覧を見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。