ここから本文です

フィギュアスケートについて質問したい事があります。

fur_t_pさん

2017/8/311:46:05

フィギュアスケートについて質問したい事があります。

スケートの強化選手などを見ると所属が高校や大学の人やクラブ所属の人がいるのですが、その違いはなんですか?

大学の所属だとスケート部に所属しているということになると思うのですが、学校のスケート部はちゃんとしたコーチはいるのでしょうか?
またフィギュアスケートは大会に出るレベルで数千万かかると聞いた事がありますがスケート部ならそんなに請求しませんよね?
コーチは個別に雇って学校のスケートリンクに来てもらって教えてもらうんですか?

中高生や大学生で強化選手に指定される学校所属の方もいらっしゃいますが、その方はスケート部のコーチに教えてもらってあそこまでの成績を出せるのですか?
そしたら安く済むし、絶対そっちの方がいいですよね?
それとも所属は学校だけどスケートクラブにも通っているんですか?

有名なスケート選手は毎日朝から晩まで練習してるイメージがありますが、実際どうなんでしょう?朝から晩まで利用できるとこなんてありますか?一般客もいるのに…

また中京大学のスケート部の部費が0円だったのですが、それで浅田真央さんが育つのでしょうか?

私自身全くスケートの事を知らないためたくさん聞いてしまい申し訳ございません。
わかる方、教えていただけるとありがたいです。

閲覧数:
390
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lagooooonさん

2017/8/422:30:51

選手は小さな頃からスケートリンクのクラブに所属して競技生活をしています。クラブに所属して連盟登録しなくては、試合に出ることができません。
ですからまず基本の所属名は「スケートクラブ」で、小さな子はみんな試合の所属がクラブ名です。

有望選手は、中学高校にスケート推薦で私立の学校に進学することがしばしばあります。授業料免除や競技生活へのバックアップをしてくれたりするようです。選手によって処遇はまちまちだとは思いますが。
学校が「スケート部」「顧問(学校の先生)」をおいてくれることもあるようです。
しかし部とはいえ、スケートクラブで練習しているエリート選手のための便宜上のもので、一から始める選手を指導する類のものはありません。
試合の所属名を学校名にしている中高生は、学校が選手の競技生活を特別に支援している場合に限るようです。
公立の学校や、学業優先で入った学校の場合には所属をクラブ名にしていて、全中とインターハイ以外では学校名を所属名にはしません。

大学になるとまた話は別で、スケート部のある大学には、上記のような子供の頃から滑っているスケーターの他に、大学から始めたスケーターも所属していたりします。
中高と違い、大学のスケート部はちゃんと体育会系部活になるわけです。
大学スケーターの先輩が後輩に教えたり、合宿をしたりして練習し、インカレにもそういった選手が出られるクラスがあるので大学代表で出場します。
エリートスケーターは大学を所属としていても、引き続き自分のリンクで自分のコーチに習っており、大学デビュースケーターと一緒に練習するというわけではありません。
大学生スケーターの場合は、企業のスポンサーがついている選手以外は所属名は概ね大学名になります。

  • lagooooonさん

    2017/08/0422:43:01

    所属名は
    ・基本的にはスケートクラブ名(選手は全員クラブに所属している)
    ・中高生→関大中高、開智日本橋学園、中京大中京、浪速中・高…など、スポーツ活動を支援している学校の場合には学校名を使用
    公立高校や、競技を支援していない学校名は所属名に使いません
    (例えば永井優香選手は中学まで桐朋女子中でしたが高校から競技のために駒場学園高校に移ったため、高校からは所属名が東伏見 FSCではなく駒場学園高校になっています)
    ・大学生→大学名。スポンサー企業がある場合には企業名や併記

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

mskushyさん

2017/8/411:43:21

フィギュアスケートの場合は、幼稚園児や小学校低学年くらいの年齢の頃には
地元のスケートリンクにあるスケートクラブ・指導者(コーチ)の下でスタートしている例がほとんどです。
大学や高校のフィギュアスケート部の顧問の指導で初心者から・・・というのはまず無理と言うか可能性はかなり低い・・・難しいでしょう。
バランス感覚やジャンプなど小脳が関係すると言われ13歳前後までが大切な能力がかなり含まれていますから。

関西大学や中京大学のように学校が学生のためにスケートリンクを専用で建設してくれているような環境もありますし、
倉敷芸術大学(田中刑事選手)のように学校法人がもともと近くにあったスケートリンクの経営を買い取って確保してくれたような例や、
首都圏の学校のように学校の近くのスケートリンクを利用しているだけという形もあります(学校は生徒たちがそこへ通って練習するのを認め便宜を図ってくれているだけの形)

一般のスケートをレジャーとして楽しむお客さんが利用する時間のあるスケートリンクを利用している場合は事前に申し込みをして貸し切りにしてもらうことは可能ですし一般営業時間外(早朝や夜間)を利用していることもあります。
学校がスケートリンクを確保してくれている場合は費用面では助かるでしょう。

所属先についてですが、
同じスケートリンクのスケートクラブで練習している選手でもクラブ名を所属先にしている人もいれば高校や大学の名前を所属先にしている人もいて、バラバラです。

これはフィギュアスケートに限らずアマチュアのスポーツ競技選手が
それぞれの競技団体に「競技選手登録」をするときの一般的な話なのですが
【所属先】の欄にどこの名前を書くのかにははっきりしたルールはありません。
基本的に、競技連盟の側からの都合としては、競技会などの連絡を受ける時に一番確実に連絡がつくところを書いていれば良いので、
学生・生徒の立場の場合は学校名で書いておくこともありますし、スケートクラブ名を書く人もいますし、スポンサー企業(所属契約)の名前を書く人もいます。
(ただ、学生の身分の場合、全中やインターハイ、インターカレッジといった
国内の学生対象の競技会もありますからこれらの大会への出場の可能性がある選手の場合は学校名を所属先にしている傾向もあるかもしれません。)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

aujafrgehoukさん

2017/8/318:05:15

国際大会に出るような選手は、小学校低学年前には
地元のリンクのスケートクラブに入って練習を始めています。
本格的に選手をめざすような子供は
放課後リンクに直行+朝練という生活を続けています。
リンク使用料+コーチ料+振付料+靴・衣装などなど自己負担。

所属をクラブ名にするのか学校名にするのかの違いについては
詳しくは知らないのですが、
高校・大学に関しては、他のスポーツと同様
学校名を名乗ることで学校の宣伝、その代わりスポーツ特待生として
優遇という面もあります。
もちろん、学校の部活ではなく、自分の所属するリンクで練習
もとからついているコーチに指導してもらいます。
レベルが上がるにつれてコーチ変更もあります。
浅田さんも、名古屋のコーチ→アメリカのコーチ→ロシアのコーチ
→日本のコーチと変えています。
(もちろん、有名コーチは高額)

何年か前に、関西大学と中京大学が専用リンクを造ったので
(一般の客は来ない)、そちらのリンクを使える選手は
便利になりました。
中学時代に良い成績をあげ、そのまま関大や中京大付属の高校に
進学する選手もいます。
学校の部活ではなく、各スケートクラブが、リンクを借りるという
形になっていると思います。


それとは別に、いくつかの大学(高校もある?)では
通常のクラブ活動(初心者も入れるような)もあるようです。
国際大会は無理でも、国内の小さい大会もありますから。
これについては、あまりよく知らないので詳しく答えられませんが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。