ここから本文です

もう少しで一歳になる病気の子供が居ます。

アバター

ID非公開さん

2017/8/423:14:28

もう少しで一歳になる病気の子供が居ます。

約一年間、病院に入院していてここ1ヶ月間、体調が良くありません。
最悪の事も考えるようにと言われています。

亡くなってしまった時の事を考えたくありませんが、その時がきてあたふたしていたら子供にも申し訳ないので火葬の事などを調べています。

その時は家族のみで過ごしたいなと思っています。
どのような流れになるのかと費用はどのくらいなのかを知っておきたいので教えて下さい。

閲覧数:
120
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

okakatyさん

2017/8/502:54:17

流れとしては、
まずはお身体の安置場所を決めます。
自宅に帰させるか、葬儀社で預かってもらうかなどです。
病院から安置場所への移動(病院によってはご家族の自家用車で自宅に帰させることを禁止している場合があります。この場合は葬儀社の寝台車で安置場所まで移動させます)
をさせ、お焼香をされたら、葬儀内容について葬儀社と話し合います。
想像しにくいでしょうが、まずはどのような葬儀にしたいかを決めます。
火葬のみにされるか、小さいながらも祭壇などを飾り、いわゆる「お葬式」をしてあげるかなどです。
菩提寺があり、お寺のお墓に入るならば、お寺をお招きしなくてはなりません。

葬儀に関する費用は、
葬儀費用+お布施+接待費用になります。
葬儀費用は、
火葬だけなら20万前後
告別式(祭壇を飾ってお別れ当日にお葬式をされる場合)なら更に+20万〜
通夜式もされるなら+10万〜という感じでしょうか。
火葬のみ20万、一日葬40万〜、通夜告別式なら50万〜ですね。
家族のみと言われますが、おそらくあなたやご主人のご両親も駆けつけるとは思いますので、ご主人と相談は必要でしょう。
そうなった場合はご両親が泊まるホテルなども手配しなくてはならない場合があるからです。(心配だから今日はあなた達の自宅に泊まると言い出す場合も)

お寺を呼ぶ、または任意のお坊さんにお経をあげてもらう場合、お布施が必要になります。
お布施はお寺との関係によって金額目安はまちまちです。深い、長い関係ほど高額になりがちです。

接待費用は、通夜や告別式を行なった場合の飲食費用や、会葬御礼(お茶やクオカードなど)、火葬場での軽食費用などです。
本当に家族だけで行うならば発生しにくい(ご夫婦で飲食されるならもちろん発生します)費用になります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/8/500:07:48

お子さんの誕生から今日まで気が休まる日はなかったことでしょうね。
それでも冷静で気丈な質問者様に心からお見舞いを申し上げます。

先ず、葬儀社を自分で決めます。
特に葬儀社を決めていない場合は、臨終後に病院が葬儀社を紹介してくれます。

①臨終後、葬儀社に連絡し寝台車を準備します。葬儀社は24時間対応です。
同時に臨終を知らせたい人がいれば連絡します。菩提寺があれが僧侶に知らせます。無ければ、葬儀社に宗派を告げ僧侶を紹介してもらうことも出来ます。僧侶については必ずしもお願いしなければならない訳ではありません。

②病院から死亡診断書を受け取り寝台車で遺体を搬送します。搬送先は、自宅でも葬儀場でも構いません。
自宅の場合は、お子様を寝かせる布団を用意します。出来れば新しいシーツ等を使用します。

③葬儀社が決まれば、あとの全ての段取りは葬儀社が行ってくれますので、葬儀の内容について聞かれたことを一つ一つ決定していきます。死亡届や火葬許可書などについても通常は葬儀社が代行してくれます。

費用については内容によって違いますので分かりません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

nyaa_gonさん

2017/8/423:19:26

お辛いですね。
イオンのお葬式
小さなお葬式
シンプルなお葬式などで
検索されて見てみてください。
明朗会計で色々コースが選べます。
提携葬儀会館でも、自宅に連れ帰ることも
どちらでも可能です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。