ここから本文です

87才の父がヘルニア(脱腸)と診断されました。下腹部の膨らみと痛みがあり、触診で...

byp********さん

2017/8/715:18:32

87才の父がヘルニア(脱腸)と診断されました。下腹部の膨らみと痛みがあり、触診でヘルニア(脱腸)と診断されました。今は、横になると腸は元に戻る状態です。

以前から軽い脳梗塞で血液サラサラの薬を飲んでいて、手術をする場合には、そのお薬を1週間止める為、脱腸の手術よりも脳梗塞になるリスクの方があると先生に言われました。手術をするかそのまま様子を見るかは、ご自身の判断に任せますと言われました。
87才で独り暮らしなので、退院後日常生活に戻れるかも心配です。
先生の前では直ぐに判断できず、持ち帰ってきました。
皆さんのご意見を参考にさせてください。

閲覧数:
313
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ing********さん

2017/8/721:28:14

じゃあ、あれですか、ヘルニアはヘルニア(脱腸)帯
的な装着医療用具を使えば対応できる状態という
ことですか。

そうであれば手術するまでもないでしょう。
手術は100%安全なことはないし、手術以前の
麻酔の段階で死亡することもありますからね。
手術関連死亡を甘く見ない方が良いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ski********さん

2017/8/816:19:53

手術はどうしても必要な状態です
独り暮らしならある程度はご自身で出来てもっと長生きしたいでしょう
手術前は薬は止めますが、代わりにヘパリンと言って注射で血液サラサラの薬を投与します
それでも手術前後数時間は脳梗塞の危険性は避けられません
手術関連死は無視して下さい

これが私の父なら、手術させ、その後は同居します
(麻酔科医です)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる