ここから本文です

年末調整の過不足額の精算について質問です。 ①本年度最後に支払う給与について...

han********さん

2017/8/715:29:09

年末調整の過不足額の精算について質問です。

①本年度最後に支払う給与について税額計算を省略し、その給与に対する徴収税額はないものとして精算する方法

②本年最後に支払う給与について

も、通常の月分の給与としての税額計算を行った上で清算する方法

この二つの計算結果は同じになると思いますが、どのような違いがあるのでしょうか。

閲覧数:
667
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dfc********さん

2017/8/716:05:40

①の処理を「給与年調」といいます。
②の処理を「単独年調」といいます。

給与年調
12月の(その年の)最後の給与からは源泉徴収せずに、1月~12月の給与の支給額から年税額を算出し、1月から(最後の給与以前の)給与・賞与で源泉徴収した源泉税の合計と比較して源泉徴収額よりも年税額のほうが少なければ還付、多ければ追加徴収する方法です。

単独年調
12月の(その年の)最後の給与まで通常のように源泉徴収を行って、年税額と源泉徴収税額を比較する方法です。

仮に毎月の給与の支給額が20万円、源泉徴収額が5千円、年末調整による確定年税額が4万円だったとします(賞与は省略)。

(給与年調)
月/支給額/源泉税額
1/200,000/5,000
2/200,000/5,000
3/200,000/5,000
4/200,000/5,000
5/200,000/5,000
6/200,000/5,000
7/200,000/5,000
8/200,000/5,000
9/200,000/5,000
10/200,000/5,000
11/200,000/5,000
12/200,000/0

年末調整
源泉徴収税額(5,000×11)55,000
年調年税額 40,000
年末調整還付額 15,000(最後の給与の給与明細に還付・追徴額を表示します)


(単独年調)
月/支給額/源泉税額
1/200,000/5,000
2/200,000/5,000
3/200,000/5,000
4/200,000/5,000
5/200,000/5,000
6/200,000/5,000
7/200,000/5,000
8/200,000/5,000
9/200,000/5,000
10/200,000/5,000
11/200,000/5,000
12/200,000/5,000

年末調整
源泉徴収税額(5,000×12)60,000
年調年税額 40,000
年末調整還付額 20,000(給与明細とは別に年末調整計算書を交付します)

結果として還付額に差が出ますが年間の確定税額に差はありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる