ここから本文です

最近、リフレ派の経済学者の間で、日銀政府一体論というのがあって、 「政府の国...

tat********さん

2017/8/901:23:58

最近、リフレ派の経済学者の間で、日銀政府一体論というのがあって、
「政府の国債は日銀が持っているのだから、実は無いのと一緒」と言うのですが、
ならば、「無いのと一緒」じゃなくて政府の借金を本当に無くすため


日銀がその持っている国債を廃棄したら、日銀はそして日本の経済は、一体どうなるのでしょうか?

閲覧数:
105
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aim********さん

2017/8/1009:25:32

政府と日銀を統合政府と考えるとき、バランスシートも連結することになります。

政府には負債に国債が、1000兆円ほどあるわけです。

こちらは日銀のサイトです。バランスシートには資産に国債が400兆円ほどあります。
http://www.boj.or.jp/about/account/zai1705a.htm/

「日銀が国債を破棄する」とは、この国債分を相殺すると考えてよいと思います。すると、政府の負債、日銀の資産から、それぞれ約400兆円減ることになります。


>日銀はそして日本の経済は、一体どうなるのでしょうか?

日銀は国債の利払い分の収益が減少しますね。元々、国債の利払い分は、必要な分を除いて国庫納付金として政府に変換されますが、それがナシとなると、「必要な分」を別途賄う必要があります。仮に別途賄えなければ、政府が日銀に資金を投入することもあるでしょう。別に騒ぐことでもありませんが。

会計で資産と負債を相殺しただけなので、知識のある人にとっては「ふーん」で済む話ですが、知らない人が多数派ですので、多数派の国民の感情には大きな影響が出るでしょう。それが日本の経済への影響となるでしょう。

政府の負債は日銀が買い取ると相殺できることが多数派に浸透します。
これまでの政策は『「国の借金」が増えて不安だから○○する』というロジックだったわけですが、これが嘘であると浸透します。
財政が健全化したことになり、国民の声から、減税などのデフレ対策が政策に反映される可能性は非常に高くなります。正しくデフレ対策が行われれば、景気は良くなります。これが日本経済への影響でしょう。


なお、景気が良くなるということは、国債金利も上がることになりますが、日本円建ての国債はデフォルトしないので、正常な範囲に収まります。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ライリーさん

2017/8/912:07:55

日銀は何もないところからお金を生み出して国債を購入しているわけではなく、日本銀行券と国債を一時的に交換しているだけです。保有している国債を消滅させると、発行した日銀券、つまり民間金融機関の日銀当座預金が同時に消滅します。これは民間金融機関の日銀預金に100%課税しているのと同じであり、その負担は我々一般の預金者に転嫁されるでしょう。結局は政府がデフォルトしたのと変わりません。

http://www.canon-igs.org/column/macroeconomics/20160404_3570.html

Pritneyさん

2017/8/908:35:27

日本国だけの問題じゃないんでIMFと喧嘩して勝てるのならw
日本経済が潰されると思うけどね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる