ここから本文です

いつもありがとうございます。江戸時代の書状の先頭一部分(追而書)を読み下してお...

kou********さん

2017/8/914:07:44

いつもありがとうございます。江戸時代の書状の先頭一部分(追而書)を読み下しております。

このように読みました。
○はわからない箇所でございます。

申入たりん ふ寝
少し○○狂句可
(本行除く)
一首綴らル
(本行除く)

先週にsengakumanabu様はこのように読み

下していただきました。


-------------------------------------
書状の先頭一部分からでは
草書の文書は読めないです
手紙などでは双方のみ理解の文章立てあり

ふ寝
少し○○狂句可
(本行除く)
一首綴らル
此の部分

****不審之
至に就其狂歌
只今帰宅之由可
一首綴之
為学*之戎

ではと思った次第!
-------------------------------------

先週にベストアンサーにお選び出来ずすいませんでした。もしご覧頂いていましたらお教え下さい。

該当作品の(筆者)類品消息に同じ書き出しを見ました。

https://www.dropbox.com/s/ak5yh0m0gppwj5a/%E5%86%99%E7%9C%9F%202017...

これによると

https://www.dropbox.com/s/2k4x8w8s6jn913n/%E5%86%99%E7%9C%9F%202017...

追而書の先頭は 「申し入れ」ということになりそうですが

ある資料(別の人の消息)ではこの部分の読みを「尚々」とされています。

今回はベストアンサーに間違いなくクリック致します

何卒よろしくご指導をお願い申し上げます。





2017/8/9
Kounichi777拝

閲覧数:
76
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

浅学 学さん

2017/8/916:20:33

https://www.dropbox.com/s/ak5yh0m0gppwj5a/%E5%86%99%E7%9C%9F%202017...
これは散し書きですね!
私も詳しくは有りませんが一般的に
同じ高さの文字と一段下がりを先に読み(主に一行置き)
行間に空きに次の文を書き加えたもののようです
流派があり是と決まったものでもなさそう(見た目)
一行目が「申しいれたく候ども」
二行目が「年寄の事」
四行目が「其後は」
女文字は字になってない部分が多く読めないです(省略系多い)
と言う訳でごめんなさい!
なにか良い資料ありましたらお教え下さいね!
こちらも勉強中

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/8/15 09:17:54

Sengakumanabu様

御清祥のこととお慶び申し上げます。

お忙しい中 ありがとうございます。

今後ともよろしくご指導をお願い申し上げます。

敬具

2017/8/15
kounichi777拝

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる