ここから本文です

宅地の固定資産税と建物について質問です。 宅地で、家も建っている状態でしたが ...

sak********さん

2017/8/1523:20:08

宅地の固定資産税と建物について質問です。
宅地で、家も建っている状態でしたが
今年になって、そこには家が建っていない事になっていました。
市役所【?】の登録上、建物が存在してないそ

うです。手続きミス。
この場合、家は壊さないとダメですか?
又、家を残す場合は、どのような方法がありますか?

固定資産税も土地の分だけを支払っていたみたいで、今まで建っていた年数分の税金も追加で発生しますか?建物を壊した場合も同じですか?

補足建物が建っていると税金が安くなると思いますが
土地+建物(割引)
土地 (割引無し)
建物に対しての税金が足された場合でも
土地単体よりも、建物があった方が総額で安くなるのでしょうか?

閲覧数:
302
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yus********さん

2017/8/1608:00:38

多分ですが、建物の登記がされておらず、市の固定資産課税台帳にも載っていないという状態だと思います。登記されていない建物ってたくさんあって市はすぐに調査して台帳に載せるはずです。
今回の問題のためだけに建物を解体する必要はありません。家は残して大丈夫です。
固定資産税も多分払いすぎています。市に問い合わせましょう。
建物が登記されていなければその登記はこれからでも出来ます。

  • yus********さん

    2017/8/1611:04:07

    建物があった方が固定資産税が安いというのが、空き家がなかなか解体されない大きな理由です。200㎡までは建物がある場合、土地の固定資産税は六分の一になります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yam********さん

2017/8/2009:34:14

所有者は不動産を現状にあわせて登記しなければなりません。しかし、これを守らなくても罰則規定は緩く、ほとんどその規定が適用されることはありません。実際の話、現状と課税内容が異なっているのはそこら辺にいっぱいあります。

登記にあわせるのではなく、現状に登記を合わせるのですから、建物を壊す必要はありません。だたし、著しい法律違反の建物は別ですが、意図的な著しい悪意によって建てられたものでないかぎり大丈夫です。

課税に関しては、毎年不動産の縦覧期間(ほぼ4月中)というのが設けられており、関係者はこの間に現状(その年の1月1日の状態)と課税内容を確認し、問題があれば役所に異議を唱えれば良いです。役所側も現状のチェックをし、縦覧してもらい、これで問題ないか所有者に確認してから課税しているという姿勢を示しているのです。

現状と課税内容が異なっている場合ですが、それがわかった段階で、正しく評価しなおし、その後はそれに即した課税を払っていくことになります。ものによって高くなるか安くなるかはわかりませんので、ここではそれに言及するのは避けます。

縦覧で、税額が異なっているのが確認された場合ですが、基本的には毎年確認期間を設けて確認していますので、遡っての徴収とか返却は行われません。しかし、納税者側に意図的なごまかしがあった場合や、役所側に明らかな落ち度があった場合、5年にさかのぼって追徴(返却)されることがあります。

hen********さん

2017/8/1616:56:55

回答いたします。東京練馬で建築と不動産業をやっています。
家が存在していないのは、その家を登記していないということで、登記すれば済むことです。
表示登記と保存登記を一緒にすることで権利が第三者に公示できます。
法務局で相談してください。もしくは司法書士と土地家屋調査士に相談しましょう。
固定資産税課がある税務署は今まで毎年飛行機でその地区を撮影し固定資産税をかけてきましたが、今はグーグルマップがあるので必要ないと思います。
その際当時の写真撮影の間に入った家は固定資産税から漏れていることがよくあります。
税務署から追徴課税されても税務署のミスでもあるので過去5年に遡ってまで請求できますがそれ以前は請求できません。
200平米までの土地なら固定資産税は住み続けている場合、1/4に固定資産税は減額されます。都市計画税は1/3になります。
今盛んに空き家対策が叫ばれていますが、自治体では空き家解消のために減額しない自治体が増えてきています。
都税事務所でご自分の家屋の評価証明書をお取りいただけば、住宅の価値がわかります。ただし実勢価格とは違いやすく表示されています。
建物がある土地は評価額が違い更地の方が高くなります。
国税庁の路線価図でご自身の土地の評価が出ます。例えば200/C
と道路についていた場合ご自身の土地を平米数に直しかけると評価額が出ます。
その土地がだいだいの価格がわかります。
土地の価格は1物4価と言って値段が4つあります。
公示価格、路線価格、固定資産税評価額、時価額(不動産業者のいう相場)
全て比較することができます。公示価格は毎年新聞で発表されますので参考にしてください。

ウェイクさん

2017/8/1615:11:56

建物は未登記でも、マトモな税務課ならきちんと課税しているはずです。

建物があるのに課税されていない=更地の土地として課税されていた。

時効にかからない直近5年分の精算です。

①建物については、直近5年分を「納税」する。

②土地については、貯金5年分の「払いすぎた税」を還付させる。

①と②で検討することです。

納付額よりも還付額が大きいなら、税務課に苦情を言うことです。

jun********さん

2017/8/1607:01:53

固定資産税が納付書到着から60日は不服申し立てが可能です。
建物を撤去されることはありません。固定資産税課に相談しましょう。

nor********さん

2017/8/1523:26:09

家の登記はされていますか?
法務局で閲覧してみましょう。
登記があって市役所が課税してこないなら
市役所のミスでしょう。
土地の税金は建物が建っていると安くなる場合もあります。
遡って課税されるににしても、時効があります
いずれにしても、専門家(税理士、弁護士、司法書士)に
ご相談ください。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる