ここから本文です

男性の増毛についてお尋ねします。 ネット上には色々な方法が書かれていますが、 ...

アバター

ID非公開さん

2017/8/1715:40:09

男性の増毛についてお尋ねします。
ネット上には色々な方法が書かれていますが、
1)頭皮に着ける薬でよいのはどれか。ミノキシジル(リアップなど)がベストか。
2)飲む薬で副作用のなく

、効果のあるものは何か。あるいは存在しないのか。
3)普段の食生活で注意することは何か。
4)睡眠時間の長さや睡眠時刻は関係あるのか。
5)髪のないのはすでに毛根がないのか、それとも毛根は残っているが毛が成長しないだけなのか。
6)スポーツをするしないは関係があるのか。どんなスポーツが良いのか。
7)年齢が上がるほど男性ホルモンの出る量が減るから、増毛にはよい環境になるというのは本当か。
8)腸内細菌と関係があるのか。
9)IGF-I理論は正しいのか。IGF-Iが増えると脱毛が起こるというのもどこかで読んだが本当か。
10)身体を鍛えるために、筋肉の加圧トレーニングなどをするのは育毛には逆効果なのか。
11)市販のシャンプーを止めるのは効果があるか。
12)以上の中でも特に重要なものは何か。あるいは抜けている重要な情報はあるか。
たくさんで申し訳ないですが、簡潔に教えていただければ幸いです。

この質問は、kaminonayami_netさんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
398
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaminonayami_netさん

リクエストマッチ

2017/8/1911:02:24

1)
日本で販売されている多くの育毛剤は様々な広告や文言で宣伝が行われていますがそれを第三者機関などによって効果を証明されている製品はありません。(必要がないため)その分、なんの確証がなくとも恰もこれまでに類を見ない効果があるような宣伝がなされています。

ミノキシジルも薬事特許が終了したことで5%以上のミノキシジルなどを多く見かけますが世界的に効果や安全性が確認されているミノキシジルは5%までであり、10%を超えるミノキシジルなどは安全性だけではなく効果の検証が行われないまま販売されている製品が多数あります。

2)
世界的に育毛薬として承認されている服用薬はプロペシアなどのフィナステリド製剤だけです。ザガーロに至ってはプロペシアなどの男性ホルモン抑制剤に副作用が周知されていない韓国と日本でしか認められていません。

今年の7月、プロペシアの副作用や後遺症の注意喚起が韓国の保健省から発表され、それを追うように欧州医薬庁(EMA)がフィナステリド製剤に鬱や自殺衝動、EDなどの副作用の明記を今年の8月に指示を出しました。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12300854302.html

これによりプロペシアの副作用などが周知されていないのは日本のみとなりました。

日本と韓国以外で海外でザガーロが育毛薬として承認されず、治験すら行われていない理由は日本では周知されていないプロペシアと同様の副作用がザガーロの場合、リスクとして生じる可能性がより高いからです。

ザガーロは前立腺肥大薬のアボルブを転用したもので日本でも14年前から処方されていますがアボルブを服用されている前立腺肥大の患者が服用によって髪が増えたという話は全く耳にしないと思います。


デュタステリドはプロペシアやフィンペシア以上に副作用や後遺症が問題となっており、フィナステリド症候群と同様のリスクに加え肝機能の影響が懸念されています。

ザガーロの実情について詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12178560045.html


ミノタブの正式名はロニテンと言われ、世界では血圧抑制剤として製造と処方がなされていますが育毛薬として処方しているのは日本だけで、ザガーロと同様に海外では育毛薬として承認されていません。

海外では育毛治療薬としての治験を行いましたが体への負担に対し、得られる効果が低いという理由で2年の治験を経て却下された薬です。

ミノキシジルタブレット(ロニテン)の製薬会社が添付する医薬品各条の内容と実態
https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-11702420044.html
現在でも研究は進み、治験などが行われている育毛薬もありますが正式に承認また認可されている服用型の育毛薬はまだありません。

3)
暴飲暴食などは注意が必要ですし、偏った食生活などは避けるべきです。
逆に特定の食べ物、大豆製品やカプサイシン。ワカメなどを過剰摂取したから髪が生えるという話を耳にするかと思いますがそれを裏付ける研究は実際には存在しません。

4)睡眠時間の長さや睡眠時刻は関係あるのか。
成長因子はゴールデンタイムで夜の10時から朝2時までに多く分泌するのでその時間に寝ると良いと目にすると思いますがこれは実際には正しくいありません。
一般社会人でこの時間に寝ている方は限られています。このような時間に寝ることが出来る魚河岸や新聞配達の方に特段薄毛の方が少ない。水商売などをされている方に薄毛が多いということなので特に違いはないと思います。

正確には成長因子は就寝後、3時間ほどから分泌が開始します。薄毛に悩む方にとって、特段育毛に大きく役立つ成長因子だけが都合よく分泌されることはありません。

睡眠時間は7時間くらいがベストですが不足していたとして、それを改善したから髪が一気に改善するということもありません。

5)
毛根が簡単に死滅することはありません。毛穴としては存在しても髪が成長されられなくなっている。または髪はまだ生えていてもそれが肉眼では目視できないような長、細さ、本数しか成長していない場合もあります。その両方が複合的に起こっている場合があります。

6)
健康維持の為のスポーツは良いですがスポーツをしたから髪が生えるということはありません。

7)
男性ホルモンの分泌量は20代を境に減少をしていきます。だからといってそれが髪に良いというだけではありません。髪を成長させるために必要な血流や育毛に関連する成長因子の減少。毛根内の細胞分裂に不可欠なエネルギー源など加齢と共に減少します。

8)
腸内細菌の薄毛の因果関係が証明されている事実はないと思います。

9)
IGF-Iに関しては大豆イソフラボンとカプサイシンの摂取や様々な生活習慣を改善することで育毛を促すという手法をとっているのは見かけますが色々と過去に疑惑が生じた研究です。

IGF-Iを補うことは有効とされていますが上記のような方法でIGF-Iが増加し、育毛にまでつながると提唱している研究者の方、本人以外にそれを裏付ける別の研究者の発表はされていません。

IGF-Iを補う方法は他にもありますが他の成長因子などと複合的に薄毛部分に導入する必要があり、またその導入法も単に育毛剤を塗布するだけでは難しいと思います。

10)
加圧トレーニングに対しての知識がないのでコメントは控えさせていただきます。

11)市販のシャンプーを止めるのは効果があるか。
サロンなどのシャンプーなどのほうが良質な成分が使用されているのは事実ですが市販だから薄毛になり、サロンまたはネットで評判のシャンプーだから髪が生えるということはありません。

重要なのは皮脂の過剰分泌などで髪が生え出しにくい環境は避け、清潔に保つことです。育毛効果のある成分が配合されている成分を宣伝している製品も見かけますがシャンプーのように洗い流してしまうのであまり意味はありません。

湯シャンだけは絶対に避けてください。

12)
上記の質問の中でどれか一つだけを重要視したほうが良いといことはありません。

その方の年齢や薄毛状況。お仕事の環境での生活習慣。食生活や睡眠など複合的に重なりあうことで改善に繋がります。

育毛剤やIGF。腸内細菌や食生活や睡眠の改善などネットで書かれている育毛情報。

育毛薬としてプロペシアやザガーロ、ミノキシジルタブレットにしても医療機関が推奨しているから効果は全体だし安全だと考えるのも誤りです。

40年以上前から医師が育毛を行うという環境が整っていると海外などは有効性を提唱するのであればそれに対する根拠。またその仮説を説明する論文や他の研究者の裏付けが求められます。

ところが育毛治療は行われ始めて10年もならない日本ではそのような責任を求められることはなく、情報だけが先行しています。

何の裏付けもなされていない、または却下されたような別の目的で開発された医薬品を育毛薬や育毛治療として平然と提供されていたり、育毛効果を第三者によて検証を受けないまま、恰も医学レベルの育毛剤と宣伝している育毛製品が日本には多数存在します。

重要なのは利害関係のない、第三者機関または研究者が提唱している効果効能が本当に得られるか示されているか?

またプロペシアのように承認された当時には知られていなかった追加研究も常に注目をすることです。その効果の根拠が変わったり、リスクなどが生じた場合にはその事実も認め、正しい情報に修正することです。

残念ながら日本の育毛情報や製品はそのようなことに欠如しています。


例えば低出力レーザーなどは米国食品医薬局(FDA)で効果や安全性が認められています。

30年の毛髪学という専門分野の研究が進んでいる海外では日本ではまだ周知されていない低出力レーザーも新たな育毛法として治験を経て低出力レーザーは一般的な医薬品でも行われる二重盲検試験により男性の育毛効果が確認され、ミノキシジルやプロペシアについで2010年に育毛効果が認可され、現在では96カ国以上で認可されています。

低出力レーザーは抜け毛の抑制や髪のハリの改善だけではなく、髪が生えだすという効果まで確認されています。

ハーバードメディカルスクールの可視光線医療専門のウェルマンセンターマサチューセッツ病院が低出力レーザーのAGA型脱毛の育毛効果についての学術発表が行われ、髪の生成が活発化されると結論を出しています。

家庭用低出力レーザー器としてはこれまでレーザーの照射部分が80個前後でしたが新たに2017年1月よりアメリカで販売を開始したCapillus(カピラス)という製品があります。

従来の82個のレーザーに加え、レーザーの数が2.5倍の202個。3.3倍の272個の低出力レーザー器も現在はございます。

272個のタイプの医療機関向けの業務用機器もございますが今回の家庭用Capillus272は形状だけが異なり、スペックは業務用低出力レーザー器と同じです。

Capillusは2015年はヨーロッパで育毛病院を150件展開する医療グループで臨床試験を行い、現在ではアメリカの55%の育毛専門病院で導入されています。

添付している画像はCapillusの回復例となり、男性だけではなく、育毛方法が限られている女性にも効果が証明されています。

Capillusについて以下でご紹介しています。

https://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12280342563.html


自毛植毛手術の件数で世界でトップクラスであり、植毛以外にも先進的な育毛治療をISHRS(国際臨床毛髪学会)を発表している米国のBosley病院やBersnstein Medical病院でも低出力レーザーのCapillusやセラドームを取り扱っており、8割以上の患者様が利用しています。

セラドームについて
http://ameblo.jp/ikumouhatsumoujp/entry-12277761829.html

1)...

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/8/1922:12:26

    丁寧なお答え、ありがとうございます。
    毛根が簡単には死滅しないことを聞いて安心しました。

    湯シャンは医師の先生が著書の中で勧めていたので興味があったのですが、だめですか。何か理由があるのでしょうか。

    低出力レーザーは非常に魅力的ですが、日本語のカスタマーレビューがないのが不安です。まだ皆さんが試しているところなのでしょうか。

    またリアップなどが出たときには、実際に使った人が写真付きで経過報告をしていましたが、低出力レーザーの経過報告がまだ見つけられません。もし効果があるという体験談が写真付きで出たら、いいのになあと思っています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

amzamz12345さん

2017/8/1716:11:52

分かる所だけになりますが…
1)肌が弱くなく、炎症などがなければやはりミノキシジルが一番かと。
2)副作用のない飲み薬となると、フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルタブレットは除外されますので
サプリ類になりますかね。ただ効果は気休め程度だと思います。
薬局に売っているハツモールという内服錠もありますが、あれも副作用はないと思いますが、成分的に効果も見込みにくい(そして無駄に高価)ので微妙ですね。
3)やはり栄養ですかね。ビタミン、ミネラル、あとはたんぱく質を多く摂る。
ジャンクフードやスナック菓子、油こってりの料理は極力控える。
アルコールを飲み過ぎない。
4)一般的には、22〜2時の間に寝ていると成長ホルモンが促進されやすいと言われていますね。睡眠時間としては、6時間ほど確保できていれば問題はないかと思います。
5)以前テレビで「禿げているように見えても毛根自体は残っている事が多い」と言っていました。
ただ、抜けてから5年以上経過してしまうと回復するのはなかなか難しい、という意見もありますね。
6)これもよく言われていますが、有酸素運動は育毛に良いです。スポーツも良いですね。ウェイト系のトレーニング(無酸素運動)に関しては意見が色々あり、何とも言えないです。AGAを発症していたりAGA体質の方にはあまり良くないかもしれません。
7)ある程度の年齢になると、男性ホルモンであるテストステロンは確かに減ってきますが、それを補うように今度は悪性男性ホルモンのジヒドロテストロンが活性化する為、壮年以降の薄毛が増えると考えられています。
10)筋肉増強などのトレーニング(無酸素運動)については諸説あり、何とも言えないです。ただ、前述したようにAGAを既に発症している人やAGA体質の方は辞めておいた方が良いかもしれません。(どうしてもしたいのであれば、フィナステリドやデュタステリドを服用していれば安心かと)
11)市販のシャンプーはほとんど強い界面活性剤が含まれている為、アミノ酸系のスカルプシャンプーにした方が頭皮には良いと言われていますね。
12)やはり、食生活と質の良い睡眠、ストレスを溜めない事が一番重要だと思います。
簡単なようですが、これらが出来ていないといくら良いシャンプーを使っていてもAGA薬を服用していても、効果が半減するでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sary20031022さん

2017/8/1715:43:22

女性ホルモンが減ることによって、髪の毛が薄くなります。
飲み薬には必ず副作用がありますし、頭髪だけにピンポイントで効果を発揮しません。育毛剤や増毛シャンプーが良いと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。