ここから本文です

ベンゼンの炭素骨格は炭素原子間の結合の長さがすべて等しい正六角形をしているこ...

アバター

ID非公開さん

2017/8/2418:29:57

ベンゼンの炭素骨格は炭素原子間の結合の長さがすべて等しい正六角形をしていることより炭素原子間の結合の長さを、通常の単結合および二重結合の長さと比較せよ。

という問題がわかりません。どう答えればよいでしょうか?

閲覧数:
65
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tor********さん

2017/8/2418:44:58

この問題は条件が不足しています。
正六角形をしていることと、結合の長さには特に関係はありません。

考えないといけないのは、ベンゼンの構造を書いたとき、普通に描くと、単結合と二重結合が交互に並んでいるのですが、これでは結合の長さが異なるので正六角形になりません。

ベンゼンが正六角形になるということは、いわば、1.5重結合のような、単結合と二重結合が平均化された結合であると考えれば説明ができます。
ということで、ベンゼンの実際のC-C結合長と、単結合・二重結合の長さをくらべて、この考え方が妥当か考えてみて下さい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる