ここから本文です

アニメ「ガサラキ」のストーリーを教えてください(ネタバレOKです)。

mrb********さん

2017/8/3122:17:49

アニメ「ガサラキ」のストーリーを教えてください(ネタバレOKです)。

閲覧数:
2,792
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sci********さん

2017/9/322:25:27

ガサラキの正体は最終回でやっと明かされますが、そこから行きます。
ので、かなりのネタバレになりますからご注意を。

地球時間にして約三百万年前、繁栄の絶頂だった異星文明があった。しかし彼らは進化の袋小路に陥り(生殖能力を失った?)、滅亡の危機に瀕していた。
そのとき、地球の原始的な人類(サル)に目をつけ、「こいつらを乗っ取ってやろう」と考え、特に優秀そうなサルにセンサー(トレーサー)を埋め込んだ。これがやがて「嵬(かい=シャーマン)」になっていった。
いっぽうで自分たちの全情報を超々スパコンに全部記録し、月の裏側にこっそりと保管。これが「ガサラキ」の正体。
嵬には普通の人間にはない能力がある。前世の記憶をすべて持っていることと、トランス状態になるとスパコンのガサラキにコンタクトできること。
ガサラキはひたすら待った。嵬が自分たちとコンタクトを取り、やってくることを。嵬が来たら、その体を乗っ取って復活するつもりだった。
(SFによくある、脳を移植して体をいただく、みたいな感じでしょうか)

しかし人類の長い歴史の中で、嵬を生み出す一族は限られていった。それが、平安時代まで朝廷の傭兵部隊だった渡辺一族である。
彼らは巨大な鬼の姿をした殺戮兵器「骨嵬(くがい)」を操っていた。それを乗りこなせるのは、一族の嵬である憂四郎と美晴だけだった。
やがて一族は朝廷から政権を奪おうとし、平安京でクーデターを起こすが、内紛で失敗。その後、身分を隠して歴史の彼方へ消えた。

彼らはひっそりと生きてきたが、現在(いちおう近未来)の日本では豪和という名字を名乗っている。一族が経営する豪和インダストリーは、兵器製造会社として巨大な力を持っていて、特務自衛隊(特自)と二足歩行のロボット兵器タクティカル・アーマー(TA)を研究製造している。
特自内部では、国学者・西田の国粋主義的な思想に同調する一派がいて、堕落した日本にクーデターを起こそうとしていた。抵抗勢力を押さえつけるためにも、TAをあやつる実験中隊を仲間に引き込んだ。
豪和家当主の豪和一清(長男)は、このクーデターを利用し、日本国の実権を握るつもりだった。
いっぽう豪和家の四男・ユウシロウは一族唯一の嵬であり、千年以上も保管されてきた「骨嵬(くがい)」を動かすことができる。したがって、骨嵬の現代版量産型であるTAをも完璧に乗りこなすことが出来る。
17歳の民間人でありながら、彼は特自実験中隊に派遣されて、大尉という階級にある。そして、否応なくクーデター計画に巻き込まれていく。

豪和インダストリーにはライバル会社があった。それが、米軍に「イシュタル」という名のTAを納品している多国籍企業シンボルだった。
このシンボルには、ミハルという少女がいる。彼女も嵬で、実はユウシロウと前世で深い因縁があった。ともに朝廷の走狗として骨嵬に乗り、殺戮の限りを尽くした記憶を共有しているのである。
二人とも、嵬だからこそフラッシュバックする殺戮の記憶に苦しむ。しかし、互いに愛し合った記憶もある。
現世で再会したふたりは、豪和やシンボルから逃走し、不法移民の集まる街(アジアン静脈瘤)に逃げ込むが、ミハルはつかまってしまう。

ところが世界はそれどころではなかった。異常気象のために米国の小麦生産は壊滅的打撃となり、他国に輸出などできる状態ではなくなる。穀物の輸出停止措置(モラトリアム)を実行することが確実となるが、そうなれば食料自給率の低い日本はひとたまりもない。
しかし密かに情報をつかんだ特自と豪和は、むしろ千載一遇のチャンスととらえた。穀物モラトリアムをきっかけにクーデターをおこし、米国に経済戦争を仕掛けるのである。ニューヨーク証券市場が開くと同時に、米国由来の資産を売却する、そうすれば米国発の世界恐慌が起きる。
そうなると日本国内も動乱が起きるだろうが、ここでTAの出番となる予定だった。
米国は、ニューヨーク市場が開く前にシンボル製TAのイシュタルを使い、日本攻撃を始めたが、ユウシロウたちTAが完全阻止する。
いよいよ市場が開く、その直前に、米国大統領が西田にホットラインを通じて敗北宣言をする。
大統領の言葉を聞いた西田は、いっさいのクーデター計画を中止し、日米戦争は直前で回避される。
西田は、責任を取って自決する。

豪和一清はヤケになっていた。一族の伝説である強大な力・ガサラキを、どうしても手に入れたかった。
そして、一連の出来事を見物していたシンボルCEOのファントムも、またガサラキ(彼らは「ナダ」と呼んでいる)を求めていた。
二人の思惑が合致し、様々な出来事が重なって市谷駐屯地にガサラキの特異点が出現し、実は嵬だったユウシロウの妹・美鈴が囚われてしまう。
そしてユウシロウ、ミハル、一清、ファントムもガサラキの中に招聘される。
ここで、ユウシロウたちはガサラキの正体を知った。
ファントムは、満足げにガサラキに吸収されてしまう。しかし、ユウシロウとミハルは、こんなものに同化するつもりはなかった。
二人は、異星人たちの記憶データにからめとられていた美鈴を助けだし、声を合わせて「帰れ!」と叫ぶ。まるで呪文のように、その言葉はガサラキを消滅させていく。ガサラキを希求する一清を飲みこんだ状態で。

三人は、現実世界に帰って来た。仲間たちのもとに。
そして、新しい朝がやって来た・・・

END

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gui********さん

2017/9/112:21:22

近未来(といっても、もう現実の方が越してしまいましたが…)の
架空の日本が舞台。政情不安と国際紛争で、不穏な情勢下にある。

主人公「豪和ユウシロウ」少年は、日本に代々隠然たる影響力
を及ぼし続けて来た大財閥「豪和一族」の御曹司。
ただし、肉親からは疎まれ、財閥の極秘「プロジェクト」の“駒”
としてしか扱われていない。
その「プロジェクト」とは、豪和家に代々その存在が伝わって
来た「餓沙羅鬼」なるモノにアクセスし、超越的なナニカを
得る…事。豪和一族は、その「餓沙羅鬼」にアクセスしうる
「嵬(かい)」という一種のシャーマン、先天的ミュータントを
代々輩出する血族で、かつての朝廷はそれを儀式に重んじて
いた。結果、豪和一族がその優位を得ていた…という設定。
もっとももうその血は薄まり、嵬も絶えて久しくなっていた。

一方、豪和は今や様々な分野で巨大なビジネスを展開しており、
国策としての兵器産業にも深く食い込んでいる。
そうした中、豪和と自衛隊の中の急進過激分子「特務自衛隊」
とが結託、プロジェクトの一環として
「T.A(タクティカル・アーマー)」
なる人型ロボット兵器が開発される。これは、豪和一族が
古代から受け継いで来た「骨嵬(くがい)」なる一種の有機ロボ
を、サンプリングし作り出した物件。かの大江山酒呑童子とは、
これが伝説化したものだとも。この骨嵬が、上記「餓沙羅鬼」
へのアクセスに際し、カギになる模様。
が、その骨嵬なるモノの真のオリジンはどこの何とも知れない、
どうやら人類誕生前(!)以来のシロモノらしい。
ユウシロウは、特務自衛隊の一員として強引にT.Aの開発と
実戦(非戦闘員の民間人なのに!)試験に駆り出され、中東の架空
の独裁国の紛争に従軍させられる。T.Aは、上記経緯から「嵬」
にしかその隠された真の能力を引き出せない。

豪和財閥は、人類史以前から存在し続けていたその「餓沙羅鬼」
なる超存在にアクセスし、かつて先祖が手にしていたという
強大なナニカを得ようとしているのだった。それに、特務自衛隊
も一枚噛んで…。

が、その超存在を追う別系統の存在もあった。
人類史に影から干渉し続け、数千年(!)規模で存続し、今なお
全世界の強大国から中小独裁国まで、陰に陽に影響力を行使し
続けている影の世界政府「シンボル」である。そこが繰り出す
上記T.Aと同系統の人型兵器「メタルフェイク」もまた、同様
に古代の物件のサンプリングで出来上がったモノ。
その操縦士としてユウシロウの前に現れるのが、ヒロイン
「ミハル」。
上記独裁国の紛争地で、派兵された自衛隊と、独裁者軍に
裏から介入したシンボルの軍勢とが衝突。その中で二人も
邂逅する。
が、豪和もシンボルもその真の狙いは「餓沙羅鬼」の
超越的なナニカを得る事…であって。

やがて事態は、陰謀の当事者たちの思惑をも超えた所へと…




すいません。本編自体がややこしい上に説明不足の描写で、
私の筆ごときではどうにもこうにも…。
「シンボル」とは、見りゃ一発ですが「フリーメイソン」
まんま。そこに、当時流行っていた(苦笑)「エヴァ」風の
イロイロを盛り込んで、「超古代の超存在」「特別な血族
の主人公」「リアル現代」といった様々が入ってて。

「T.A」とは、超古代の超物件たる「骨嵬」を、自分らの力
で作り出そうという現代文明人めのアガキ、といった扱い。
それが、次世代新兵器になりうる…というのが劇中人物ら
の思惑。「リアルロボット」のある意味極北で、つまり
「現用兵器じゃ無くなぜわざわざヒトガタメカぁ?」という
よくあるリアルロボの根幹部をもはや完無視、劇中世界観
での兵器としての実用性なんぞより、ともかく古代の「骨嵬」
を再現する、というのが真の大目的。軽合金やFRPとおぼしき
まぁ実に脆弱な描写で、パンチをすりゃ自機の拳が壊れ(!笑)、
操縦士は専用注射器を装着したまま搭乗し、薬物投与を
されながら(!!)戦う。嵬で無い只の人間には、そうで無いと
とても御しきれない、未知のトンデモ物質で出来てるから。

…とまぁ、こりゃウケなさそうだなぁ(失礼!)というしか。
まぁ、当時見てムックも買ったんですが(苦笑)…

なお、公式サイトはこちらを(だったらさっさと出せよ笑)。
http://www.gasaraki.net/

近未来(といっても、もう現実の方が越してしまいましたが…)の...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる