永遠の0で読書感想文のパクリをお願いします!m(._.)m

永遠の0で読書感想文のパクリをお願いします!m(._.)m

宿題28,262閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

4

パクリです。 『永遠の0』 百田尚樹 著 戦争の実態 「永遠の0」を読んで 「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために」。 そう言い続けた男はなぜ自ら命を落としたのか。 終戦から60 年目の夏。健太郎は死んだ祖父の生涯を調べていた。天才だが臆病者。 想像と違う人物像に戸惑いつつも、一つの謎が浮かんでくる-。 記憶の断片が揃う時、明らかになる真実とはこの内容紹介に興味を持ち、僕は「永遠の0」という本を手に取りました。 「永遠の0」という本は、人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎とフリーライターの姉・慶子が、太平洋戦争で特攻に志願し戦死した祖父・宮部久蔵について調べ始めることから物語が始まります。 物語が進むにつれて元戦友たちの証言から浮かび上がってきた宮部久蔵という人物は、戦闘機乗りとして凄腕を持ちながら、異常なまでに死を恐れ、生に執着する男でした。 僕は妻を愛し、「生きて帰る」という約束にこだわり続けた宮部がなぜ特攻に志願 したのかとても不思議に思いました。しかし、物語を読み進めていくと宮部が特攻に志願した理由がなんとなく理解できました。宮部久蔵という人物は、何よりも命を大切にする人物でした。 それは、戦闘機乗りの時に部下に言った「どんなに苦しくても生き延びる努力をしろ」という言葉や、特攻隊員の教官の時に教え子が上達していくことを辛そうにしていたことからよく分かりました。 しかし、宮部は飛行機乗りとして、教官として多くの部下や教え子を死地へ送らなければなりません。 宮部が何よりも命を大切にする人物だからこそ、自分の存在に悩み苦しんだのだと思います。 特攻隊に志願したのは、悩み苦しんだはてに自分の死をもって残された人達に希望を託そうとしたからなのだと思いました。 この本を読んで、僕は戦争の悲惨さを再認識しました。 それはこの本が戦争という時代に巻き込まれた青年達の心情を描写しているからです。 心の中で「生きたい」と思っても、それを口に出せない時代の空気。 絶望的な状況で無意味と思える作戦でも、上官の命令に逆らえないために命を捨てなくてはならない軍人達。 特攻隊員の自分が死ぬことへの恐怖や、家族や恋人への思い。 それらの全てが生々しく描かれています。 僕は今まで志願制である特攻隊は、愛国心に溢れ命も惜しまない軍人が行っていたのだと思っていました。 しかし、実態は志願制とは名ばかりで、命令と同じようなものだったと分かったと きは、とても衝撃を受けました。 特攻隊ですら戦争という時代に巻き込まれ、悲しい末路を辿った人達の一部であり、その上絶対に死ぬということが決まっていた彼らは、この戦争の一番の被害者だったのではないかと思いました。 彼らのような被害者を増やさないためにも、僕達はこの世界の平和を守って いかなければならないと思いました。 『永遠の0』 百田尚樹 著 零と出会って 私がこの本を読んだのは、姉に感動したからぜひ読んでみてはと薦められたからだ。 読み進めていくと興味深く、沢山のことを考えさせられた。 この物語は、主人公とその姉が特攻隊で亡くなった祖父の生涯について知るために、祖父のかつての戦友たちを訪ね、調べていく話である。 初めに訪ねた人によると祖父は臆病者ということであった。 しかし、調査を続けるうちに実は祖父は腕の立つパイロットだが、軍人らしくない人だったということが分かった。 階級制度が厳しい軍隊の中で部下に対しての言葉づかいが丁寧で優しかった。 さらに、「娘に会うまでは死ねない、妻との約束を守るために。」と言い続けた。 天皇のために死ぬことが正義とされていた時代に周りの目を気にせず自分の意見を曲げない祖父は本当はとても強かったのではないだろうか。 また、調査を進めていくうちに、この戦争がどれだけ無謀だったのかも分かった。 ガダルカナル島での陸軍の戦いは、場当たり的な作戦だったため、兵士達が将棋の駒のように使われた。 軍の中枢は敵情偵察もろくにせず、実際は一万三千人いた米軍の兵力を二千人とみて、わずか九百人あまりの部隊を送り込んだのだ。 また、日本陸軍は銃剣突撃が基本の戦法だったのに対し、米軍は重砲や重機関銃と軽機関銃を用いた戦法だった。 こんなの勝てるはずがない。 陸軍の中枢は何を考えていたのだろう。 桜花も無謀な作戦だった。 桜花とは人間が操縦するロケット爆弾のことだ。 自力で飛び出すこともできず、着陸することも出来ない。 旋廻も出来ず、ただ真っ直ぐに滑空する。 一式陸攻に懸吊され、上空から敵に向かって飛んで行くだけの人間ロケットだ。 このように軍部は兵隊の命を何とも思っていなかったのだ。 特攻隊はまさにその典型である。 うまくいけば一人の人間と一機の戦闘機で軍艦を一隻沈めることができるかもしれない。 その一発命中のために数十人の命が無駄になることは仕方がないと考えられていた。 なんて酷いのだろう。 さて、タイトルの0は零戦のことである。 戦争が始まったころ世界で零戦と互角に戦える戦闘機はまだなかった。 格闘性能がずば抜けている上にスピードが速い。 さらに航続距離も桁外れだった。 当時の単座戦闘機の航続距離は大体数百km だったのに対して零戦は三千km を楽々と飛んだ。 零戦を作ったのは堀越二郎と曾根嘉年である。彼らは戦争のために飛行機を作りたかったわけではない。 しかし、戦争で使われ、多くの命を奪う結果となった。 どんなに素晴らしい技術でも使い方によっては殺人兵器となってしまう。 例えば原子力発電所もそうではないか。 私も技術者になりたいと思っている。 技術を追求するのは大切だが、その技術が本当に人の幸せに貢献できるかまで考えなければならないと深く感じた。 この本を読むまで、私は特攻隊も含め、戦争がこんなに悲惨だと知らなかった。 言いたいことも言えず、将棋の駒のように命が奪われていく戦争は恐ろしいと思う。 そんな時代の中で生きたいと主張し続けた主人公の祖父は本当に信念が強い。 今、中国や韓国から日本は歴史認識が間違っていると指摘され、国交がうまくいっていない。 私達は今こそ過去の戦争と真剣に向き合い、学び続け、自分の意思を固め る努力をしなければならない。 http://www.nara-k.ac.jp/nnct-library/publication/libNo71_4.pdf#search=%27%E6%B0%B8%E9%81%A0%E3%81%AE%EF%BC%90%E3%81%A7%E8%AA%AD%E6%9B%B8%E6%84%9F%E6%83%B3%E6%96%87%27

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

リンク先までありがとうございます♪ヽ(´▽`)/

お礼日時:2017/9/5 18:24