ここから本文です

一般に生物のタンパク質って42度から立体構造が変化し、変性しますよね?

一般に生物のタンパク質って42度から立体構造が変化し、変性しますよね?

しかし、人間はお風呂に入る際42ど程度だと暑いなと思うだけです、変性はしないのはどうしてでしょうか??

皮膚を構成するタンパク質の種類が違うのでしょうか??

閲覧数:
261
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

h_e********さん

2017/9/521:37:13

>一般に生物のタンパク質って42度から立体構造が変化し、変性しますよね?

よね?って言われても、それはどこから仕入れた知識? そんなことないですから。
世の中には熱泉近くに住んでる生き物も南極に住んでいる生き物もいますし、一種の生物の中にもいろんな性質のタンパク質がありますから。
恒温性でない細菌ですら、殺菌するのに60度だったら30分は必要です。体温が37℃のヒトのタンパク質が42℃くらいで変性するようじゃ、余裕がなさすぎでしょう。


細胞の中では、熱に限らず色々な原因でタンパク質の変性は起きています。生きた細胞ではそれを直したり、分解したりする仕組みがあります。例えば熱ストレスにさらされた時に発現する熱ショックタンパク質は、熱変性したタンパク質を元に戻す働き(シャペロン)をします。

  • あ、たしかにそうですね、
    PCR法のDNAポリメラーゼはそこからとってきたやつですもんね、考えが及びませんでした。

    なるほど、内臓は42どの場合、酵素が失活するのとタンパクが変性するの、どちらも同時に起きてるのですか??

    ということは皮膚も内臓のタンパクは種類が違うのですか??

    すみません、理解力が乏しくて……。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/9/6 10:25:40

ていねいにありがとうございます!よくわかりました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

idu********さん

2017/9/521:28:14

人間がお風呂に入っても暑いなで済んでいるのは、身体が体温を下げるように調節している為です。
具体的な働きを書くと、
・汗腺から汗を出す
・血管を広げて熱を逃がす
・筋肉を弛緩して熱の発生を抑える
といった事をしています。
また、脂肪も一役かっていて、熱が伝わりづらく体内の温度がほぼ一定に保たれています。

以上に挙げたような働きをする事で、熱が上がることを抑えています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

jus********さん

2017/9/520:27:39

手を液体窒素に突っ込んでも
手はすぐには損傷しません。

関係ないでしょうか?(=゚ω゚)ノ♠︎

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる