ここから本文です

朝鮮人民軍空軍の戦闘機に機体数は少ないですが、Mig-29というロシアのMig社が開発...

アバター

ID非公開さん

2017/9/605:12:20

朝鮮人民軍空軍の戦闘機に機体数は少ないですが、Mig-29というロシアのMig社が開発した多目的戦闘機が配備されており、この機体は日本の戦闘機であるF-4EJ改を超え、格闘戦では西側諸国の発展途上国で多く採用されて

いるF-16に匹敵するといわれていますが
本当のところはどうなんでしょうか?

閲覧数:
122
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ugannda99さん

2017/9/1019:48:05

戦闘機の格闘戦は、何の意味も無い事です。
F22やF35なんかもっと格闘戦は弱いでしょう
でも格闘戦までに落とせば終わるのよ

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

amx_010mcさん

2017/9/1017:17:32

ミグ29の機動性能はF-16を上回ってます。
アップデートされたF-16はゴテゴテと色々追加されて
逆に機動性能は落ちています。

実戦ではオランダ空軍のF-16がユーゴスラビア空軍のミグ29を
BVR戦闘でしたが撃墜しています。
ミグ29は高性能ではありますが、実戦での非撃墜数が多く
あまり評判は良くないですね。

カタログスペックが良く、演習での評価が高くても
実戦ではさっぱりというのは
コンバットプルーフンが全く無い
日本の国産兵器も他人事では無いですね。

北朝鮮のミグ29は
UB型はおそらく訓練用だと思われます。
オフボアサイト交戦能力としてはS型は確実にR-73の運用が可能なので
侮れませんが、
韓国もF-16C/Dブロック32の他にブロック52を保有しており
AIM-9Lの運用が可能なので、遅れをとる事は無いでしょう。
因みに両機種ともヘルメットキューイングシステムによる所謂視界ロックオンでのオフボアサイト交戦能力は無いです。
あと自動警戒電子戦システムがF-16ブロック52のほうが優れていますね。

2017/9/617:34:51

MiG-29って其なりに各地の紛争に投入されていますが白星ゼロだったような? 機動性等は優秀ですが、実戦での能力では相対的にF-16より劣っているのが実情でしょう。
湾岸、ボスニア辺りでは一方的に墜とされてましたし。

scull4999さん

2017/9/615:39:52

どうせ相手をする韓国空軍はまともに航空機を飛ばせないんだから、MiG-21でもお釣りがくる。

在韓米軍まで相手にするのなら最新鋭のロシア戦闘機でさえ能力不足になるんだから、「北朝鮮の軍用機は飛べればOK」。

navytanikazeさん

2017/9/610:31:50

BL使うんならID非公開はやめてくんねぇか?

せっかく詳に入り細に入り書いたのがパーだわ。


情報知りたくないんだったら知恵袋使うな。

youkyo2000さん

編集あり2017/9/608:40:54

MiG-29にも製造年数によって様々なヴァリアント(派生型)がある訳で、KPA(朝鮮人民軍)は凡そ40機ほどのMiG-29を持っているとはいっても、その殆どは旧式のフルクラムB仕様。やや能力が向上したフルクラムCもあるにはあるが少数のみで限定的な戦力にしかならない。
下の方も書いておられる通り、様々な改良が重ねられ洗練された現在のF-16C 最新ブロックとは性能的に雲泥の差があります。
同様にMiG-29の最新型も以前とはまるで別物に進化を遂げていますがKPAは保有していない。
格闘戦では匹敵する?かつて、西ドイツで行われた模擬空戦の演習では、確かにMiG-29はF-16相手にかなり良い成績を収めた事もありましたが、訓練と実戦とは違う。訓練の状況では勝てても実際の戦闘ではまるで通用しなかった。現代の空戦では中・長射程のミサイルによって、格闘戦に入る間もなく、相手の機影も視認できない遠方のうちに撃墜されてしまうからです。
そしてこれも下の方の仰る通り、レーダー、通信、指揮管制に支えられたバックアップ体制、EW(電子戦)の優劣が大きい。
さらに、格闘戦の場面でも互角に戦えるとは限らない。なぜならば現代の短距離空対空ミサイルは、推力偏向による高機動かつシーカー(ミサイル先端部のセンサー)がパイロットのヘルメットと連動して動くので、わざわざ敵の背後を取らなくても横方向や上下方向へ向けて攻撃できるのです。たとえば韓国空軍のF-15Kにはこうした照準機能がありますが、KPAが保有する旧式なMiG-29にはない(それより新しい仕様のMiG-29にはある)。
遠方から位置を把握され、中・長距離ミサイルが飛んでくる上に、よしんばそれを回避して近付くことに成功し、格闘戦に引きずり込もうと接近し、すれ違った時点ですでにミサイルが襲ってくるので空戦での勝機は極めて低いと考えられます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。