ここから本文です

足利義輝は信長の野望では優秀な大名として登場していますが、現実世界では義輝が...

アバター

ID非公開さん

2017/9/722:42:57

足利義輝は信長の野望では優秀な大名として登場していますが、現実世界では義輝が将軍だった時の室町幕府の権威は無いに等しい状況だったのでしょうか?

閲覧数:
356
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ban********さん

編集あり2017/9/820:41:31

足利義輝は塚原卜伝から直接指導を受けた(免許皆伝という説もある)剣客であり、三好・松永に襲われて殺される時に、将軍家伝来の多くの名刀を畳に刺し並べて、次から次へと惜しげもなく使って敵兵を切りまくったと伝えられます。とはいうものの、これはどうやら後世の脚色の度合いが強いんですが(実際はそんなに戦ってない、戦ったとしても薙刀だ、とか)。
しかし司馬遼太郎は「国盗り物語」のなかでこの場面をそのまんま描き、歴代の征夷大将軍のなかで自ら刀を振るって戦ったのは義輝だけだろう、とある意味持ち上げています。「国盗り物語」は大河ドラマになりましたが、このシーンも(主人公の信長とはほとんど関係ない、ナレーションや会話で済ませても全然いい話なのに)わざわざ「実演」して見せています。
司馬遼太郎と大河ドラマのおかげで、義輝は「剣豪将軍」として、「大人物」のように印象づけられました。なんだか、とっても権威のある人物だったかのように思われているのはこのためです。「義輝が殺されるまでは、室町幕府はまだまだ権威があった」みたいに、みんながなんとなく思っています。
現在、小説にしろ漫画にしろゲームにしろ、歴史エンターテインメントを創作している者は、圧倒的に司馬遼太郎と「国盗り物語」の直接、間接の影響下にあります。「そういう世代のひと」が作ったものを「次の世代のひと」が見て再生産する、大昔に「名作」で出来上がったイメージは、意外と亡霊のように生き残っていくのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nic********さん

2017/9/814:01:06

明応の政変で将軍直属の軍事組織である奉公衆は解散して将軍の軍事力はほぼ皆無になりました。
さらにその後の混乱で官僚組織である奉行衆も四散して、側近達と細々と政務を執るしかありませんでした。
また、幕府を支えた細川管領家が分裂して争い、家臣である三好氏やその家臣の松永久秀などが台頭しました。

zun********さん

2017/9/723:09:50

ゲームでは山城一国をもっていたりしますが、そうした領域支配はできていません。
自前の兵力も解体していて、権力は脆弱です。

しかし権威はあります。だからこそ、三好氏は義輝を邪魔に思って、殺害するにいたります。
義輝の権威を自分たちの物にしたいから、代わりの将軍をたてます。

それに対抗する織田信長も、足利義昭を擁することで名分をつくったように、権威はあります。
実力を伴わないから、権威にただひれ伏す大名はほぼいませんが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる