ここから本文です

こんにちは。 前回は妹のことで大変お世話になりました。 私にも婚約者がいる...

nyu********さん

2017/9/1512:00:06

こんにちは。
前回は妹のことで大変お世話になりました。

私にも婚約者がいるので、八字と紫微斗数で相性を観ていただけないでしょうか。
彼がどのような人でどんな性格かも観ていただける

とありがたいです。
よろしくお願いいたします。
生年月日はプロフィールに載せています。

この質問は、ten********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
223
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ten********さん

リクエストマッチ

2017/9/2106:41:42

貴女の命式です。

乙 己 辛 辛
亥 卯 卯 未

8壬辰18癸巳28甲午38乙未48丙申58丁酉68戊戌・・・

男性の命式は以下の通りです。

辛 庚 壬 丁
巳 戌 寅 卯

8辛丑18庚子28己亥38戊戌48丁酉58丙申68乙未・・・

繰り返しになりますが、貴方は従殺格であり水木を喜び、火土を忌みます。

彼は身弱の偏財格になります。
時柱天干の辛金劫財を用神とします。
喜 土金
忌 水木

相性の見方はいくつかありますが、二人のうちの片方あるいは両方が外格の場合は、喜忌は同じである方が良いとされます。
貴女が外格ですから、彼とは喜忌が同じである方が良いのですが、実際には喜忌は逆になっています。
夫妻宮である日支が卯と戌の六合になっていますから、夫婦としての縁はありますが、相性としては良いとは云えないようです。
相手の命式は木が旺じていて、この点は貴女の吉運を補強するので良いのですが、貴女の命式もまた木が旺じている為、相手の男性にとっては自身の凶運を強めてしまう結果になります。

このままで結婚すると、おそらくは貴女が全体的にイニシアチブをとる形になると思われます。
そのことを相手の方が受け入れられればよいのですが、実は男性的なプライドが高い方なので、少なくとも人目のあるところでは、自分を下に見られたくは無いと考えるかもしれません。

これらのことは紫微斗数からも見られます。
彼の命盤では命宮は戌宮にあって、太陽星が回座して不得地という輝きの弱い状態です。
太陽星は父親を象徴する星であり、いわば男性原理を表します。
ですからこの星の人は能動的で活動的、自信家で明朗快活、度量が広くて面倒見が良く、指導者的でリーダーシップを発揮する人が多いです。
反面好き嫌いが多くてわがまま、自己中心的であるか自分の考えを他人に強要するというか、他の人も当然、自分と同じ考えをするものと思います。
基本的に単純なので、誉められれば喜び(なのでおだてに弱い)、けなされれば怒りますが、さっぱりしているので、負の感情は長続きしません。
また見栄っ張りで他人の評価を気にします。

太陽星が不得地なので、若い頃から中年期ぐらいにかけては不運、不遇に悩むかもしれません。
幸い吉星の助けがあるので、中壮年期からは好転するでしょう。
八字の大運では38歳戊戌から運が西方に巡るので、この頃から発福すると思います。

夫妻宮は申宮にあって天同星、天梁星が同宮します。
したがって彼の配偶者になる人、あるいは彼が求める配偶者象としては次のようになります。
明るくユーモアがあって、いろいろな人と仲良くやっていけること。
おおらかで自分(彼)の失敗を許してくれること。
活動的であるがゆえに、ややおっちょこちょいなところがあり、しかしそれ故に多くの人から愛されていること。
年齢的に差がある(およそ5歳前後かそれ以上)
年齢に関わらず年上、もしくは母親のような抱擁力がある。
怒ると怖いとか、彼の尻を叩いてくれるような厳しさを併せ持っている。
見た目、つまり顔やスタイルが良い等です。


では貴女はどうかというと、紫微斗数で見た場合、命宮は卯宮にあって文曲星が旺という輝きの強い状態で回座します。
対宮の紫微星、貧狼星、鈴星、禄存星の影響を強く受けますから、活動的でロマンチスト、ハデな感じか華やかな感じ、もしくは愛くるしい感じで、いずれにせよどこにいても目立ちますし、特に異性(男性)の注目を集めることが多くなります。
外出を好み、じっとしていることが苦手なので、落ち着きです無いという印象を持たれることもあります。
一方で目上、年上の人からの引き立てに逢いやすく、これらのことが特に女性からの嫉妬に繋がることもあるかもしれません。

チャンスに強く、一旦好機を掴むと瞬く間に発展してしまう勝負強さがあります。
現実的で何事にも全力で取り組みますが、哲学や心理学等の形而上学や神秘学や占術等のスピチュアリズム的な分野に興味や才能を持つことも多いです。


夫妻宮は丑宮にあって廉貞星、七殺星が同宮します。
したがって貴女の夫になる人、あるいは貴女が配偶者象として求める人は、好き嫌いがはっきりしていて意思が強く、中途半端や曖昧なことが嫌いで白黒をはっきりさせたがるような人です。
太陽星の人の好き嫌いは相手次第なところがあり、自分を好きな人は好き、嫌いな人は嫌いなのですが、廉貞、七殺の人は相手の気持ちに関係なく、好きな人は好き、嫌いな人は嫌いであり、特に嫌いな人に対しては時に非常に攻撃的になります。

また、運勢の良い時と悪い時がはっきりしていて、ここでも中途半端なことにはなりません。
なので人生は浮き沈みが激しく、波乱や変化に富んでいます。
本人は危険と冒険を愛し、平凡と退屈を嫌うところがあるので、波瀾万丈な人生はそれなりに満足するでしょうが、周りで振り回される人達は大変かもしれません。

紫微斗数で見た場合、貴女と彼の間には八字ではあった縁の繋がりもほとんど無くなります。
彼が求める配偶者象に対して、貴女のそれは高級過ぎ、あるいは強過ぎる為、彼自身の運勢ではそれを支え続けるのは非常に困難になります。
もちろん、不可能という訳ではありませんが。


ここでひとつ考えてみたいことがあります。
それは以前の質問で貴女から「自分は内格ではないか?」と問われたことについてです。
貴女は南方の生まれであり、時差的にはマイナスになりますが、提示された出生時刻で見る限り、乙亥時で間違いありません。
しかし例えば母子手帳に記載されている出生時刻が、必ずしも正確であるとも限らないのです。
出産状況等や医師によっては後産が終わってから、おおよその時間を逆算して記入したり、後産が終わった時刻を記入する場合等もあるそうです。
出生時刻にそこまで細かくこだわる人もそうはいないでしょうから。

他の要因も考えられますが、もし出生時刻が一刻前の甲戌時であったとすると、特に紫微斗数ではかなり劇的な変化があります。

まず八字についてですが、甲戌時の生まれであった場合身弱の正官格となり、火土を喜び、水木を忌むことになります。
彼とは土を吉とし、水木を凶とすることで共通します。
共に内格である場合は、喜忌が同じであることは相性としては良いことになります。
ただし、お互いに吉も凶も強めあう関係なので、吉運期は良いとして、凶運期をいかにして乗り越えていくかが大きな課題となります。

紫微斗数で見た場合、戌時の生まれであれば貴女の命宮は辰宮にあって太陰星がありますが、落陷するので輝きがほとんど無い、暗い状態になります。
太陰星は天上の吉星ですが、この状態では吉意を発することが困難です。

太陰星とは月のことであり、太陽星とは双星、つまりペアの星になるので、相性としてはかなり良好であることになります。
太陽星が男性原理として父親を象徴するように、太陰星は母親を象徴し、女性原理を表します。
したがって命宮に太陰星を持つ女性は、誰よりも女性らしい女性であると云えます。
その性格や特徴としては、感受性が強く直感力があり(人によっては霊感的にさえなります)受動的で柔和です。
争い事を嫌い、あまり自己主張が強くありません。
他人と対立しそうな時は自分から引いてしますので、自分を理解してもらうことが難しく、また人見知りなところがあるので交際範囲はそれほど広くはありません。
外に出るよりも室内で想像や思索にふけったり、美術や芸術関係の観賞や創作に携わることを好みます。
また生活の潤いを大事にするので、衣食住の細やかなところに意を配り、精神的な意味でも実質的な意味でも豊かで美しく、楽しい暮らしを求めたり演出したりします。
社会的な活躍より私生活の充実を志向するので、あまり金銭や名誉名声や出世には興味を示しません。
しかしその感受性やセンスの良さを生かして(あるいは買われて)そういった方面で活躍し、現実的な成功者となる人もいます。

貴女の場合、太陰星は落陷しますが命宮に左輔星、対宮(遷移宮)に右弼星の吉星があって命宮を助けています。
なので良い友人や人間関係に恵まれるので、いろいろな人が助けになり、例えピンチになることがあっても、無事に乗り越えていくことができます。
ただ他の凶星も加会するので、病気がちで体が弱いとか、精神的に落ち込みやすいとか、孤独感にひたりやすい等の弊害があるかもしれません。

戌時の生まれであれば、夫妻宮は寅宮にあって文曲星と天鉞星が回座します。
夫になる人は物静かで落ち着いた感じの紳士的な人であり、またセンスの良さを兼ね備えているでしょう。
対宮の申宮の天同星、天梁星の影響を強く受けます。
天同星天梁星については、男性の夫妻宮のところを参照して下さい。
女性で夫妻宮にこの配合がある場合は、夫は社交的で活動的ですが、仕事や社会的なことを優先するあまり、私生活、特に家族を省みない傾向が強く出ます。
つまり仕事上の付き合いや、友人や先輩後輩等との付き合いを優先して、家族との約束を破ってしまうことがあるので注意が必要です。


貴女が戌時の生まれであるか、亥時の生まれになるのかは各々の命宮の部分を読んで判断して下さい。
亥時であればアウトドアで明るく社交的で男性に人気があります。
戌時ならインドア派で地味で物静かな感じ、どちらかというと女性に人気があるでしょう。

割りと対称的なので分かりやすいと思いますが、悩むようなら親兄弟友人等、周りの人の意見を聞いてみて下さい。
意外と自分の知らない自分を知っていたりするものです。

  • 質問者

    nyu********さん

    2017/9/2111:05:54

    今回も丁寧に観ていただいてありがとうございます。
    彼の性格等当たっています。
    相性はあまり良くないみたいですね。

    私の性格については、大人しく、外で遊ぶよりは家の中で本を読む方が好きなので、亥時より戌時の方がしっくりくる感じがします。
    男性からより女性から好かれる方が多いです。男性の友人は殆どいません。

    ただ、以前知り合いの霊視が出来る方に観てもらったら、「あなたは華やかさがあるから妬まれやすい」と言われたことがあり、実際妬みの様な感情を相手から感じることもあるので、正直どちらの時間の生まれかは自分ではわかりません。
    親や友人に聞いてみようと思います。

    一つ伺いたい事があるのですが、以前回答頂いたときに私の性格について、「繊細で感受性が強く優しい、好き嫌いがはっきりしている」と言って頂けましたが、当たっていると思うので戌時の生まれでもそのような性格になるのか教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/9/21 19:29:02

お忙しい中、追加の質問にもお答え頂いてありがとうございます。
他人と争うことも殆どないですし、感情の起伏が激しく落ち込みやすい面があるので、戌時生まれの可能性の方が高いかも知れません。
彼との結婚は決まっているので、良い関係を築けるよう努力していきます。
ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる