ここから本文です

Cubase Pro 9 を使い始めたDTM初心者です。

アバター

ID非公開さん

2017/9/901:53:43

Cubase Pro 9 を使い始めたDTM初心者です。

ピアノロールの下でベロシティとかパンとかを弄るところにおいて操作をCtrlZで戻しても直前の操作の影響がずっと残ってしまいます。

例えばパンが中央になっているとき、一度パンを全部右に振って再生したあとCtrlZを入力すると、グラフは元に戻りますが再生し直してもその影響が残ってしまうのです。いつもそのときはパンを中央に入力し直して戻しています。

対処する方法はないでしょうか?もしかして自分のだけなっているのでしょうか。地味に面倒です。
よろしくお願いしますm(__)m

閲覧数:
38
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

izm********さん

2017/9/909:18:41

たとえばパンの場合、キーエディッター下部のコントローラー・レーンや右のインスペクターのパン表示を見ると初期状態では真ん中になっているように見えるかも知れませんが、実際にはパンをコントロールする情報(以下CC#10)は入っていないんです。音源の初期状態で真ん中に定位しているだけです。
その状態で例えば右いっぱいのパンを書き込んで、そのあとにUn-Doすると以前の状態はパンが無かったわけですから、書き込んだパンを削除するだけになります。そうすると真ん中に定位を戻す為のパンはないわけですから定位は中央には戻らないわけです。

>いつもそのときはパンを中央に入力し直して戻しています。
この対応は正しいと思いますよ。
あと、絶対に曲中でパンを変更しないのなら、先のUn-Doしたあとに、該当するソフト音源の設定パネルでパンを元に戻すしかないと思います。

これと同じ事は曲中のボリューム変更(CC#7)など、コントロール・チェンジを利用するほぼすべての場合についていえると思います。

こういう疑問をたくさん経験して、一つずつ解決しながらスキルが上がっていくのだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる