ここから本文です

フランス革命は、そのあとにナポレオン帝国があったから結果的に評価されるように...

アカギなおさん

2017/9/1611:00:06

フランス革命は、そのあとにナポレオン帝国があったから結果的に評価されるようになっただけじゃないでしょうか?
ロベスピエールの混乱期に外国から攻め滅ぼされていたならば、馬鹿げた饗宴と

なっていたはずですよね。

閲覧数:
183
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

llo********さん

2017/9/1814:55:41

第一共和制(1792年9月21日樹立)からナポレオン帝政(1804年ーーしかし、ナポレオンは1799年11月のブリュメールクーデターですでにLe Consulta執政政府という新政府を打ち立てていた)までには、「革命期」という重要な数年間があり、この時期に行政・司法・教育・衛生・医学等の公的部門はすべて現代のものへと変化を遂げました。恐ろしいほどの変化でした。カント、ヘーゲル、エドモンド・バークなどの外国の知識人はフランスで進行中であった、地殻変動にも似た新政国家の胎動を息をひそめて見守っていました。彼らの著作や日記には、この時期のフランスが彼らに及ぼした深い衝撃、動揺、逡巡が刻まれていないページはありません。フランス革命の評価がフランスにおいて固まったのは一世紀後です。19世紀の末、普仏戦争でドイツに占領されたとき、一世紀前のジャコバン的「共和国」の理想が国家的な思想となったのです。それまで19世紀を通してフランス革命史は書かれましたが(ルイ・ブラン、ミシュレ)、共和制への態度は非常にアンビヴァレントままでした。フランス革命は人類史の謎であり、時代の趨勢によって流れを変え、言葉の意味を変える一国内の思想対立の主題ではないと思います。

  • llo********さん

    2017/9/1814:59:17

    また、ロベスピエールの時代(国民公開La Convention後期、「テルミドール政変」にいたる2年間)における対外戦争、あるいは国内の反乱(ヴァンデの乱)については、多くの歴史書があります。歴史書ではありませんが、ヴィクトル・ユーゴーの「93年」は秀逸です。ご関心があるのなら、是非お読みください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

chi********さん

2017/9/1611:45:25

絶対王政が他の国(イギリス以外)よりも早めに終わったからではないですか?
フランス革命は成功して共和制になってその後帝政なので関係がないことはないですが深くはないでしょうと考えています。
ナポレオンよりも私はタレイランを評価しています。
なぜかと言うとその後のウィーン会議でフランスは負けてしまったが大国の位置にいれるようにした人物だからです。
こちらの方が評価されるべきです!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる