ここから本文です

脳出血による失語症、麻痺で要介護3。まだ60代、薬の服用もなし。

アバター

ID非公開さん

2017/9/923:31:40

脳出血による失語症、麻痺で要介護3。まだ60代、薬の服用もなし。

認知症の疑いもなし。
トイレもほぼ自立。
食事も普通食。
常にバイタル安定してます。

上記の情報だけで家での介護は
何年位できると思いますか?

閲覧数:
632
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2017/9/1008:58:02

まず、経済的な問題を考えてみましょう。

60代に入っていれば、会社で働いて厚生年金を払ってた人は、
支給が始まっているかもしれません。

通常は 65歳からになる、老齢基礎年金 (国民年金の分に相当) も、
金額は減らされますが、繰り上げ受給を申し込む人もわりといます。
(逆に、働き続ける人は、65歳以降も、年金もらわず、
支給開始後は、金額を増やしてもらうこともできる)

今は「ねんきん定期便」も郵送されますので、それを持って、
年金事務所 (日本年金機構) で相談もしてくれます。

年金や、貯金や資産その他、民間保険契約の支給などや、
障害者制度などの利用がある場合や、
家族その他が費用を支えられるかなどで、
介護暮らしの費用を支えられるならば、それで続くことになります。

ずっと介護やってると、貯金が尽きてアウトになりそうなら、
現時点でも、どうするか考えたほうがいいことです。

むしろ、家族が支えてるような場合は、
家族が介護ストレスその他で、先に亡くなる等もわりと聞く話だし、
子供に頼ってる場合は、結婚や就職転職転勤その他で、
家を離れてしまうことで、介護状態を変えざるをえないこともあります。

何年も介護してると、本当にそれが起きたりします。

配偶者が倒れて、3よりも重い要介護状態や、亡くなることも起きます。

先々に、経済問題の心配がある場合は、先を読んで対策しましょう。

次に、質問に出ている、要介護3の御当人の部分です。

脳出血や脳梗塞は、何年か先に、再発するリスクは非常に高いです。
それが常識だと、頭に叩き込んでおくほうがいいくらいです。

再発の場合は、救急車が間に合わなければ、そこで亡くなる人もよくいます。
病院に担ぎ込めるくらいに同程度で済めば、
また入院して、症状安定後は、介護施設か自宅への退院ですが。

実際には、その時は、要介護4や5に上がっての退院かもしれません。

こうなると、退院先は自宅でなく、介護施設での余生かもしれません。

診断治療した医者や病院に聞けば、いろいろ今後を説明してくれるから、
よく聞いておきましょう。
退院後も、引き続き治療や通院などが必要ならやるべきだし、
定期的に、脳ドックその他で検査して、調べたほうがいいでしょう。
このあたりは、病院や医者に聞けば教えてくれます。
(再発恐れの兆候を見つけて、治療になるかもしれないし)

こうやってるうちに、質問文では、薬無しってなってるけど、
再発防止のため、血圧その他いろんな対策の薬を、
毎日服用してる人も、脳卒中(出血や梗塞) やった人は、多いです。

何年か先には、それが現実になる覚悟は、しておきましょう。
急に、亡くなってしまうという形での、人生の最期のリスクも、
もうかなり高くなってしまった人だという指摘も、必要なことです。

質問の場合、「 認知症なし 」と書いてますが、
現実にはこれは、あまり通用しない認識なのです。
脳卒中の再発 (次が出血か梗塞かは、分からないし、両方起きる人もいる)
と同じように、脳血管の病気をやってしまった人だと、
何年か先には、脳血管性その他、いろんな認知症は、よく起こりますから。

質問文で、マヒが残るほど、脳や神経がどこかやられたのだから、
認知症につながっていく、どこかの脳の損傷は、
もう起きてしまったと考えておくしかないのです。

脳の奥の中心部分の、「海馬」など、記憶を司る部分から遠い所が、
脳卒中でやられていたなら、今は、記憶障害は目立たずに、
認知症では無いだろうと安易に判断してしまいがちですが、
記憶の障害が無いタイプの脳の損傷は、
先々、深刻なタイプの、危険な認知症につながる人が多いのです。

前頭葉や側頭葉がやられてしまった人だと、
ピック病(俗に、万引き病とも言う) のように、
犯罪や反社会的行為や、家族周囲とのトラブルが絶えないタイプの、
危険な認知症になっていく人もいます。
(しかも、このタイプは記憶障害が少なく、認知症でないと誤解される)

視覚や聴覚その他に関連する部分がやられているなら、
レビー小体病の人のように、
幻覚や幻視、幻聴など、精神面で異常のようになる症状が出る人もいます。
これも現在では、認知症の一種として扱っていますし。

記憶障害(ボケ症状) で代表される、アルツハイマーだけが、
認知症では無いのですから。
(むしろ、アルツハイマー以外のタイプは、危険で対策も困難)

アルツハイマー的なボケ症状で、おとなしくゆっくり進む認知症なら、
まあ、昔からの高齢者を扱うように、できたりする場合もあるかもですが、
現実には、そんなことでは済まない認知症その他の深刻な高齢者は、
日本で激増しているのが介護現場の現実ですし。

まあ結局、いったん、脳卒中 (出血や梗塞) をやってしまった以上、
先々のことは、決して楽観できないと、人生の経験者なら言うはずです。
脳の専門医や関係者なら、よく知ってることだから、
聞けることは、耳が痛いと思わずに、全部聞いたほうがいいでしょうね。

地元の葬祭業者に事前に頼んでおけば、
自分が亡くなった時にどうするか、ちゃんと相談もしてくれるので、
そこまで対策する気があるなら、きちんとやったほうが家族も楽ですよ。

次もまた、病院に救急車で直行の人も多いケースなのだから、
手のほどこしようがなければ、
担ぎ込まれた病院の医者が、死亡診断書なども書いてくれます。
救命救急室での、御臨終など、決して珍しくない話なのですし。

以後の介護の苦労を、家族身内にさせないために、
「延命などは不要です」と、事前に書類を作ることもできるし、
家族に、無理な延命は病院に頼まなくていいと、言う人も多いでしょう。

今の段階でも、しっかり身内その他で話し合って、備えておけることです。

救急車で運ばれても、症状が軽くて回復するなら、
入院、治療、そして次はまた、介護施設か自宅への退院です。
(回復後の、要介護度などによる部分です)

担ぎ込まれても、御臨終になるのならば、
病院には、ちゃんと、遺体安置室も霊柩車の到着口もありますので、
(大きな病院などなら、ちゃんと、建物の裏のほうにあったりします)、

事前に相談した、葬祭業者さんに連絡して、御迎えも可能です。

何だかんだと言っても、結局今は、そうして最期となる人も普通に多いし。

もう次は、人生の最期になるしかない病気を経験した状態だから、
次に何が起きるのかは、それを経験した人たちに聞いていけば、
その通りになっていくだけという意味で、間違いでもないのです。

まだ60代だと思っても、老後の時間の経過は早いのです。
あっという間に、70代80代の平均寿命の頃にもなれば、
その年には、もう自分も最期だという覚悟は、必要ですよ。

数年内に再発で亡くなるリスクも、もう高い状態の人ですから、
平均寿命までいければ、幸運だと思うしかないでしょう。

その間に、何度も、病院に担ぎ込まれたり、風邪その他入院もして、
入院のたびに、介護度が重くなっている人生かもしれないですし。

脳卒中やってなくて、体力健康も若い頃からあって、
ボケは進んだりするが、首から下が元気な人だったりすれば、
90代や100歳位まで、施設などで生き永らえる人もいたりしますが、
質問のケースは、それを期待しないほうがいいと指摘すべきですし。

重たい話が続きましたが、ここで、キレイ事や、気休めを書いても、
誰のためにもならないことですからね。

気休めや癒しは、周囲の人が、いくらでもやってくれることです。
そっちに、任せておけばいいことですから。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/9/1009:30:41

    具体的に丁寧に回答して下さり、ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2017/9/10 21:22:35

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ope********さん

2017/9/1005:42:33

わからないというのが正解かと思います
明日再発するかもしれないし天寿を全うするかもしれません

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる