ここから本文です

小松左京作の「アメリカの壁」のあらすじ、ネタバレをできるだけ詳しく教えてくだ...

jin********さん

2017/9/1013:50:06

小松左京作の「アメリカの壁」のあらすじ、ネタバレをできるだけ詳しく教えてください。

閲覧数:
22,243
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pon********さん

2017/9/1514:00:37

他の似たような質問だとご自分でお読みになったらどうですか?というような回答が殆どだけど、ここの回答者さん達は詳しく書いていると思いますね少し説明足らない部分があるけど。
大方のあらすじや結末は他の回答者さんの言うとおりですが、ただ私としては読んだ方がいいと思います。
小説の中で色々と含みを持たせた上で結末につながり作品のテーマというか小説の題名の意味自体がわかると思いますので。

ただ少し気になるのが、確実に嘘書いてる人がいますね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2017/9/1510:12:44

確か、アメリカ以外が核戦争で滅んだのか。壁を作った装置が放射能を放出していたのか。と思ったが、バミューダトライアングルは放射能とは関係ないのでアメリカ以外が滅んだと考えるのが自然でしょうか。

アメリカはニコラ・テスラの研究資料を手に入れ、月に軍艦を送り込んだというのが当時、雑誌に掲載されてました。ワイヤレス電力送電はニコラ・テスラの発案です。
ぶっ飛んでたんですね。当時の人達。

kir********さん

2017/9/1311:25:31

冷戦下においてアメリカが他の西側諸国に頼られること、ソ連に対抗し続けることに嫌気がさして未知の機械で霧を発生させ、外の世界から完全に遮断された自分たちだけの社会を作る話です。
主人公は知り過ぎた人として処分されるというありがちな話ですね。

霧の正体はバミューダトライアングルから発掘された過去の文明人か異性人の遺跡みたいなものでピラミッド型の機械です。
霧は人間の精神力でいくらでも増幅されるもので飛行機は霧に突入すると失速し墜落、船舶も沈没、核ミサイルさえも爆発力が無効化されてしまう物で、また自国に帰国する外国人は霧の正体を知らず犠牲になりました。

ちなみにnpnztc3さんが回答者してるとおり、ピラミッド型の機械は米ソ共同の発掘事業でアメリカがソ連に対し機械を使って外界から独立するから後はヨロシクみたいなことになったので、外の世界が西欧諸国と東側で戦争になったか、滅亡したかについては本編では一切触れてないのでわかりません。
主人公は放射能汚染で死亡と書いてる回答者さんいるけど、主人公は霧の中で失速するB1爆撃機で絶望の中でのフェードアウトです。
だって霧は突破できないんだから外の世界がわかるわけがない(笑)

短編小説だし、電子書籍でも配信されてるから読んだほうが早いですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sya********さん

2017/9/1207:50:26

アメリカに閉じ込められた主人公
アメリカから国外への通信は全て断絶、海は霧が行く手を防ぎ、外の状況を知ることが出来ない
で、なんやかんやで借りた飛行機で脱出する

世界は、核戦争の後だった
人類はアメリカを除いて滅亡

通信は全て断絶されたのではなく、通信相手がいなくなっていた
霧は放射性物質を防ぐためのものであり、別に航海を阻害するためのものではなかった

主人公は放射性物質で死亡
意識を失いながら思う
国外の様子を見に行った人は帰ってこなかった理由はこれか、謎はすべて解けた(笑)

というオチ

npn********さん

2017/9/1021:11:30

そこまで言って委員会で結末寸前まで説明してましたけど、主人公はアメリカの独立記念日に発生した謎の霧と非常事態に対し妙に落ち着いて逆にうれしそうな大統領と手際の良すぎるアメリカ政府に疑念を抱くものです。
ここに出てくるアメリカ大統領「ヘンリィ・パトリック・ジェイムズ・モンロー」はガチガチのモンロー主義者で親族の系譜からモンロー主義大統領に成るべくして生まれてきた男です。
さらに大統領とその一派にとって都合の良いものが見つかりました。
アメリカとソ連がバミューダ海域の調査をしたところバミューダトライアングルの原因となる未知のオーパーツが発見され回収したところこのパーツは精神エネルギーで作動していることがわかり人為的に操作が可能な物でした。
大統領はソ連に根回しを行いアメリカはこのオーパーツを使用し外界とは一切の係わり合いを持たない完全独立の世界を作るから後はソ連の勝手にしてくれという事を決めてしまい、独立記念日にあわせオーパーツを作動させ(作動させるために大統領は国民にモンロー主義を植え付け精神エネルギーを増大させます。)外界と完全に遮断させました。
話の結末ですが、主人公豊田は友人のCIA職員ハリーからB1爆撃機で太平洋方面の霧を突破しハワイから東京へ向かうから連絡員として乗務を頼まれますがその任務はまったくのデタラメでパイロットも含め乗員は全員がアメリカの不都合な事実を知っていたり調べたりしていた人ばかりでした。
主人公豊田は調べ切れなかった事の真相を友人であるCIA職員ハリーからもらったレコーダーで知ることになります。
それも爆撃機が絶望的な状況で霧に突入しているときに・・・
大体こんな感じだったと思います。

chi********さん

2017/9/1017:53:36

そこまで言って委員会NPでやってましたね(^ω^)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる