ここから本文です

運転しなさ過ぎると、かえってタイヤに良くないことがあると 聞きましたが、理由...

プロフィール画像

カテゴリマスター

ger********さん

2017/9/1316:12:36

運転しなさ過ぎると、かえってタイヤに良くないことがあると
聞きましたが、理由を教えてください

閲覧数:
89
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2017/9/1321:11:21

車に乗らないでいると
タイヤの柔軟性が失われて硬化し
タイヤの機能そのものが劣化するからです

他の方々が書かれているフラットスポットもその一つです。
タイヤには劣化防止剤が含まれていて
走行することでそれが少しずつにじむように出てタイヤを保護しますが
走らなければ防止剤が出ないので劣化が早まります。

私の場合、
月に1回とか2ヶ月に1回程度しか乗らない時期が1年くらい続いたら、
タイヤにひびが入って空気が漏れ出し、
結局、4本全部取り換えました。
買ってから1年くらいしかたっていないタイヤでした。

下のサイトのQ&Aの4番目をご覧ください。
http://www.higashishikoku-subaru.co.jp/aw/shop/shop_event.php?sid=1...

質問した人からのコメント

2017/9/14 13:22:41

皆さんありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ycq********さん

2017/9/1316:39:10

ゴムはそう
使ってないと癖がついてダメ
長期保管のドライブシャフトに替えたら半年でブーツ割れが発生した。
タイヤも接地部分のショルダーにクラックが入る

鏡花水月さん

2017/9/1316:30:54

フラットスポットができる。
フラットスポットとは、長時間駐車したときタイヤの接地部が平らに変形すること。
走行後のタイヤが温まった状態で駐車。夜間の低気温時に長時間放置すると発生しやすい。
朝発見されるので「モーニングスポット」とも言われることもある。

この状態で走行すると振動や騒音が発生する。

xm_********さん

2017/9/1316:25:41

地面に接している部分は、少しつぶれて平らになります。

長期間動かさないと、この「平ら」な部分が固まってしまう・・・というか「カタがついてしまう」んです。数ヶ月放置するとエア圧も低下しますから、なおさらつぶれも大きくなってしまう。
その状態で走ると「コトン・コトン」とわずかながら衝撃を感じたりすることがあります。
私も以前、通勤に車を使わない環境で3週間動かさなかったときに、この「コトン・・・」が判ったことがあります。空気圧もその前から抜け気味でした。
数ヶ月以内なら、しばらく走ってタイヤを温めたりすると元に戻ります。また上記理由から「長期保管する際には空気圧を気持高めに」しておくことも有効でしょう。

mou********さん

2017/9/1316:23:14

同じ所が凹み続ける事でクセが付く。

cal********さん

2017/9/1316:16:32

タイヤに当たる日光やかかる荷重は運転する事により、均等に加えられるように働きます。

一方で、同じ場所に駐車したままの状態が続きますと、日光(紫外線)・加重・水分 等が特定の同じ一か所の部分に掛かり続ける事によって、その部分だけタイヤの劣化が加速される事となります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる