ここから本文です

私の高校では毎年高1と高2が3回スキー授業でスキー場に行きます。

全角30文字以内さん

2017/9/1616:51:13

私の高校では毎年高1と高2が3回スキー授業でスキー場に行きます。

私はスキーが苦手で嫌いなので正直行きたくありません。
小学校からスキー授業はあったのですが、周りの小さい頃からスキーにやっている子に比べて、冬でも温水プールで水泳を習っていた私は、ウィンタースポーツなんてやった事がなかったので、小学校で1度インソラクターに習っても、小学校、中学校でもうまくすべれませんでした。


それなのに、高校生になってもスキーをやらなくては行けなくて、3回目の授業では1日スキー場を友達と好きに滑っていいんです。
でも私の友達やクラスメイトはみんな上手で上級コースもバンバン行きます。私はスキーが下手なので、ついていけず滑るのが恥ずかしいです。毎年本当にスキー授業が苦痛です。
それでもやはり1人でゆっくり滑ってた方がいいのでしょうか?それとも休んでもいいのでしょうか?
あと、雪国なのにスキーが苦手なのは変でしょうか?

閲覧数:
289
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fig********さん

2017/9/1620:00:11

逆の意味で目立ってしまうのは、辛きものよのぅ。
かといって、集団から離れて独りで滑るのは、退屈じゃろう。
トレーニングの一環でスキーやるならいざ知らず、そうでなければ独りでは周りと楽しさを共有できず、楽しそうな生徒との相対的関係、さらには閑散とした雪景色も相まって、寂しさを感じるじゃろうなぁ。

確かに、一生スキーをしないという割り切った生き方もあるじゃろう。
じゃが、スキー授業がシーズン入ってすぐにあるわけではないじゃろう?
もし、授業前にスキー4級、余裕があれば3級に合格しておけば、苦痛だったその時間を、楽しむことができるはずじゃ。
というのも、よほどスキーに強い生徒が集まってる地域の学校でない限り、ほとんどが3級から4級レベルのはずじゃからじゃ。少しでも平均レベルに近づけば、周りの生徒と一緒に滑ることもでき、楽しさも共有できるようになるはずなのじゃ。
ピンチはチャンスなのじゃ。

スキーの楽しさを知るものの一人としても、この機会に是非滑れる人になってもらって、おぬしにスキーを楽しんでってほしいのじゃ。

ちなみに、上達するには、その道のプロであるスキーのスクールに申し込んで講習を受けるなど、環境を活用することが最も効果的じゃ。
人によってはスキー経験2週間で、2級に合格する強者も、おるのじゃよ。
ということは、その可能性はゼロではないということじゃ。

ちなみに、4級はこの程度のレベルでもOKなのじゃ。
https://www.youtube.com/watch?v=44A3X_ICqvU
実は彼女らは、スキー経験は小学校の授業のみで、皆無ではないものの、それまでスキーを苦手としていて、企画に対して恐怖感もあり、困ったおったのじゃ。
それが、プライベートレッスンをたった一日(2時間)受けただけで、4級合格レベルになったということじゃ。(通常は2日~3日ということじゃ。)
このレベルには、誰でもなれるはずなのじゃ。

(じゃが、似たようなスポーツ(インライン、スケート等)をやっているとか、特殊な事情を除いて、闇雲に、我流で練習する場合、上達は困難を極めるじゃろうから、我流だけはお勧めできぬ。)


ここまでスキーを勧めておいてあれじゃが、スキーに真正面から取り組んだとして、未来は誰もわからぬ。
じゃが、問題を解決するために努力をすることで、人は成長し、充実した生活を送れるのは、確かじゃ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

haz********さん

2017/9/1910:24:56

友達に教えてもらうのはやめた方がいい。

せっかくの自由時間なのに、退屈な作業をさせてしまったらずっと恨まれるのは間違いない。
手抜き教師のやり方と同じだし。

習うのなら親に金出してもらって、ちゃんとしたスクールで習うか、親兄弟に頼む(上手いなら)。

スキーは苦手とかなんとかより滑走日数がモノを言うので、嫌だろうが滑らないと上手くならない。

逆の言い方すると、得意なスポーツがあるがために、そのレベルを自分に望むので、嫌になる。

水泳はスキルより体力作りが大事だと思うけど、スキーは体力よりスキルの方が大事なスポーツ。

「自分は練習積んでないから下手で当たり前」と思って、自分が進歩することを楽しめるか、「自分がヒーローになれないものは嫌い」と思うかは気の持ちようだけ。

そして、なんでも吸収して成長が早く、クロスオーバーで知識を持ってきて発展させられるのは前者の人。

tsu********さん

2017/9/1800:38:17

雪国出身てすがスキーができなくて問題はありませんよ。
県外に出たときにその県なのにデキナイノ?って言われることはあります。

pwr********さん

2017/9/1617:59:03

私は一応最西端の雪国育ち。
でも麓なのでスキーの授業は有りません。
スキーしたかったです。羨ましいです(笑)

さて、誰でも得手不得手有ります。
最近は雪国だからと言ってもスキーしたこと無い人が多いようですから、恥ずかしいことでは無いですよ。
ただ、スキーが出来る友達と同じ景色、時間を共有出来ないのは淋しいですよね?

スキーって日常動作と程遠いハの字をさせるじゃないですか。あれがスキーを難しくしています。実際にハの字出来る人はかなりの上級者ですよ!

しかしスキーが苦手な貴女でも普段考えること無く、歩いていますよね?「歩く」動作からスキーを始めると、スキーはもっと分かりやすくなりますよ。
滑ることより、板履いて摺足で平らなところを歩き回ってみませんか?上手な友達とは別行動になりますが、風景を見ながら歩き回る、たまには斜面を歩いて登る、そんな中で板の使い方を板が教えてくれることを感じてみて欲しいですね。
板を動かして滑ろうとするのでは無く、板に仕事をして貰う為に貴女がどう動くと良いか?そんなことを感じながら歩き回ると良いです。
貴女が正しく歩けるとスキーは滑り出しますよ。
貴女が正しく歩けると止まることも容易くなりますよ。

水泳は自分で足を動かすと前に進みますよね?
スキーは逆です。足を動かすと勝手に板が進む為身体が取り残されます。身体を先に動かして板が後から着いてくる、そんな風に考えて動きましょう。

先生や上手な友達をたまに捕まえて色々教わっても良いですが、言うことが必ずしも貴女のフィーリングに合うかどうかは難しいところです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

fuj********さん

2017/9/1617:48:45

心配しなくても雪国の人の方がスキー苦手というよりしません。
雪国の豪雪地帯に居ましたが雪下ろしでヘトヘトで何で今更スキーなんてしなきゃいけないのって人ばかりでした。

最後の自由時間って2日の授業で先生がついてなくても1人で滑れるようになったらから自由に滑っていいよって1日です。毎日の授業が終わってから1時間ほど自由時間って無かったですか。それの時間が長いやつだと思えばいいですよ。
授業中ってグループだし先生が滑り見せたり、みんなの滑り見てアドバイスしたりであまり長い距離を停まらずに滑る事が無いのです。だから最後の1日は長い距離を1人で判断して滑るのが基本なのです。だから仲間と一緒に滑る必要なんてありません。スキーは孤独なスポーツなのです。1人で滑るのも嫌でまた1人で滑れるようにしてくれなかったらそれはスキーを教えてくれた先生が悪いのです。
滑らずに休んでいたら良いと思いますよ。
そして休む事を申し出た時、担任の先生が一緒に滑ってくれようとしなかったり、話相手にもなってくれなかったらそれは担任の先生が悪いのです。
なぜなら質問者様がスキーを少しでも楽しもう、上手くなろうと努力したならば必ず努力が報われて結果を出してくれて楽しくしてくれるがスキーの先生ってものなのです。
普段の学校の勉強と違ってスキーの勉強って努力が必ず報われて楽しいですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

天使悪魔さん

2017/9/1617:01:02

友達に教えてもらったらどうでしょう?
言いずらかったら休むことを私はオススメします。
私はプールの時間が大嫌いでここ3年間1度もプールの授業に参加していませんw
それに私は沖縄に住んでいるのですが私の知り合いに泳げる人はほとんどいませんよw
なので変ではないと思います。
人には得意なものもあれば不得意なものもあります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる