ここから本文です

相撲通の方に聞きます。 どうもよくわからない力士が二人、それは「勢」と「隠岐...

edo********さん

2017/9/1616:59:22

相撲通の方に聞きます。
どうもよくわからない力士が二人、それは「勢」と「隠岐ノ海」。
それなりに体力に恵まれ将来を期待されながら、幕内をエレベーターして燻ぶっている。
大関になるに

は、何がダメなんでしょうね?

補足質問の仕方が曖昧でした。「大関になれなかった理由は?」の方が質問の主旨がわかりやすかったかも。
彼らはまだ現役、「なれなかった」としたら、「これも異議あり」ですもの。

閲覧数:
74
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nig********さん

2017/9/1617:16:07

体力面に恵まれ、大器として嘱望されていた存在でしたが、既に両者共、三十路を過ぎ、ここからいよいよ大関取りへという雰囲気は欠如しております。勢は勝負に淡白なきらいがありますし、隠岐の海は勝ち味が遅いという短所が直りません。かように課題は再三再四、指摘を受けている両者である訳なので、ベテランらしく、緻密且つ理詰めな相撲振りへのモデルチェンジを図れば、三役復帰の望みは依然として根強いです。

  • nig********さん

    2017/9/2212:58:38

    単純に実力不足でしょうね。両者共、三役維持すらままならないのに、その位置で一つ場所平均11勝、3場所合計33勝前後が目安とされる大関取りのハードルは余りに高いと指摘せざるを得ない訳です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2017/9/23 08:53:45

回答ありがとうございました。
三場所連続で33勝以上の壁は相当に厚い壁、過去に何人もの力士が跳ね返されていることからして、かのお二人も同様だった(実力不足)の指摘に至極納得。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aai********さん

2017/9/2011:22:01

彼らがそうだとは言いませんが、幕内の平幕は前頭筆頭だろうが、何枚目だろうが給料同じですからね。

一昔前、八百長が週刊誌などで表沙汰になった頃は、のらりくらり前頭内を行ったり来たりしてる力士は何人も居ましたよ。

年齢も30位になると上を目指すより、怪我をせず長く安定した生活を心掛けるようになります。
今はガチンコ多いですから怪我や休場も自ずと増えますね。

aec********さん

2017/9/1914:18:59

どうしてなんでしょうね(笑)。病気・古傷があるようにも見えないのですが。
逆に旭天鵬・白鵬が超人?

sei********さん

2017/9/1618:53:25

勢も隠岐の海も幕下時代が長かったですね。
それで入幕した時には、すでに20代半ば過ぎ。
だから、どちらも体は立派なんだけど、
大関以上を期待する声は多くなかったですよ。
現在2人とも30才過ぎて、
勢は満身創痍、隠岐の海は痔疾持ち。
幕内が勤まるだけで立派、という評価だと思われます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる