ここから本文です

【幕下の取り組み】

koj********さん

2017/9/2014:07:05

【幕下の取り組み】

物言いが付いて、説明をする時に
「東がたの力士の足が先に云々…」と 言うのは、幕下くらいの、まして他の部屋の力士名などは、
覚えていないからでしょうか?



*番付が上位の取り組みならば「日馬富士の足が」とか「白鵬が先に」などと 四股名を言うと思いますが…

閲覧数:
46
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

2017/9/2014:08:44

審判部長が覚えてないんじゃなくて、お客が四股名で言われてもどっちがどっちだかわからない。そういう配慮。

質問した人からのコメント

2017/9/22 00:37:01

なるほど!

又教えて下さい♪

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nan********さん

2017/9/2017:42:36

慣例として十両以上の力士は四股名で、幕下以下の力士は「東方力士」「西方力士」として呼ばれています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる