ここから本文です

3Dプリンターで再現するサービスを始める。産婦人科医と連携し、出産の記念や、...

kyoudaibuneenkaさん

2017/9/2308:27:21

3Dプリンターで再現するサービスを始める。産婦人科医と連携し、出産の記念や、家族へのプレゼントにしてもらう狙いは本当なのでしょうか?

3Dプリンター,産婦人科医,3D,サービス,主さん,3Dエコー,記念

閲覧数:
92
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

alpus86さん

2017/9/2717:34:32

商売として考えてみると真意はシンプルです。
・年々少子化が問題。
・産婦人科への客が減る(減収)
・少しでも客単価を高めたい
・オプション(3Dプリンタ)で収益増

仮に無料と書かれていても知らないうちに入院費などへ含めて本当の意味の無料かどうかわからないのが普通です。
病院も政治家もお金を稼ぐ集団=一般企業と同じです。

利益を出すためにあれやこれや手を尽くすのは当然の行動だと思います。
ただ表立って「お金稼ぎ」と言わず「思い出」とか「記念」という形でwin-winの関係を築いています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2017/9/2616:37:15

サービス開始されたようですね。
https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201709256016/

今までの手形や足形と同じように良い記念になるでしょうね。
以前からMRIの3D映像を3Dプリントして術前に確認出来るシステムが確立されていますから3Dエコーを3Dプリントするとしても不思議なことではありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。