ここから本文です

◎治らない喘息もってますが理学療法士、作業療法士、スポーツトレーナーになれます...

アバター

ID非公開さん

2017/9/2319:43:06

◎治らない喘息もってますが理学療法士、作業療法士、スポーツトレーナーになれますか?

私は閉塞性換気障害をもってます。軽い運動はできますが、バスケやサッカー、持久走など自由に走り回る事はできません。
だけど、理学療法士、作業療法士、スポーツトレーナーになりたいんです。


◎スポーツトレーナーになるには、理学療法士の専門学校に行っても意味無いですか??

◎スポーツトレーナーはなんの資格をもっていればいいのでしょうか?

閲覧数:
97
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

the********さん

2017/9/2321:56:22

呼吸リハビリうけていますか?受けているなら担当する理学療法士に聞くのが一番ですよ

受けてないなら受けましょう

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ren********さん

2017/9/2320:11:52

PT、OTの学校に行ったことはないのですが、普段施設でPT、OTと一緒に仕事しており、またスポーツによる怪我で入院し、病院でPTによるリハビリをリハ室で受けた事があります。
資格取得の段階でスポーツをしなければいけないのかは分かりませんが、病院のリハ室勤務のPT、OTは、激しい運動をしてはいないようです。
施設に於いてもそうです。
多くは、高齢者が医療機関に入院し、手術等治療を受けた後に、在宅生活に必要な起居や歩行や階段昇降といった動きが出来るようなリハビリ(PT)、歯磨きや整髪、着替えやそれ以上の自分の身の回りの手の動作のリハビリ(OT)などをやっていると思うので、PT、OTとして仕事自体は出来ると思います。
主にどのような人を対象としたPT、OTを目指したいのかによりますが、どうしてもスポーツ従事者に関わりたいのであれば、スポーツ医療に力を入れている大学病院などのPT、OTを目指してはどうでしょうか。
完全なスポーツ医療専門病院やチームのトレーナーというと、軽くそのスポーツの動きをやってみて研究する必要もあるかもしれません。
大学病院などですと、スポーツ従事者以外の高齢者やその他のけが人のリハビリも多くこなさなくてはいけないでしょうから、質問者様にとっては地味で退屈に感じる仕事もあると思いますが、中には大きな大学病院なら有名なスポーツ選手などの怪我後のリハビリに関わる事もあるかもしれません。
怪我によって、手術の術式や治療法が数通りあり、その後のリハビリパターンがあるようですから、それらの流れを覚えて施術するのだと思います。
ただ、マッサージなど身体を動かしてあげることが多いと思うので、マッサージ師さんではないですが身体を使って、中には大柄な患者さんを動かすこともあると思うので、それなりに体力は使うと思います。
どちらかと言うと、脚などを持ち上げたりするPTよりは、座ったまま手や箸などの道具を使って小さい物を掴んで移動させる、などの生活動作の訓練をするようなOTの方が身体的負担は少ないように思います。
ただ、スポーツからは少し離れることになるかとは思いますが。
質問者様の体力と、スポーツとの距離感、それらを秤にかけてどの程度ならPT、OTになる意味があるか、を考慮して決められるといいかと思います。
身体を使う以外にも、様々なスポーツを観戦したりスポーツ従事者と会って話を聞いたり資料を読んだり講習会に参加したりといった研究、勉強次第で、良い療法士になれると感じています。
スポーツトレーナーについては詳しくはないですが、とあるスポーツチームのトレーナーだった方は、PT、OTは持っていないようです。
柔道整復師とか、そのような資格を持っていらっしゃるようです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる