ここから本文です

火災保険での質問ですが保険を見直したいと思います。今現在築年数48年経過の鉄筋...

wak********さん

2017/9/2400:30:38

火災保険での質問ですが保険を見直したいと思います。今現在築年数48年経過の鉄筋コンクリート建て、住宅の総坪数45坪2000万の保障に入っているですが時価査定で最高どれぐらい金額出るのでしょ

うか1000万ぐらいに下げた方が良いか教えてください。また21年前改装工事1800万かえてます、2年前外装塗装工事200万かけてます。

閲覧数:
137
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

neo********さん

2017/9/2416:29:41

保険会社の時価評価は非常にアバウト

現在 その建物新築価格から経年劣化 減価償却した金額が保険上の時価額ということになります。
しかし、現在の火災保険は新築価格(再調達価格)での契約形態です。

1㎡あたりの新築単価は県別に保険会社 評価基準があります。
その上であなたの現在建て替える場合の新築価格はアバウトに3,000万程度!??

保険料との絡みもあるでしょうから、2,000万程度でも何の問題もありません。
また、火災事故の場合も昔のような比例塡補計算ではなく、実損補償です。

したがって、契約保険金額限度に全焼、半焼などその損害がそのまま支払いされることになります。

>くれぐれも馬鹿な回答者に騙されないようご注意下さい。
????、同じ穴のむじな・・・・・??? 自己顕示欲の強いやつ???

  • neo********さん

    2017/9/2420:49:26

    >現在中古住宅として売却できる建物の価値が時価となります。
    ほ~う、あんた保険会社はそういう研修教育してるのかい?それが時価い、おめでたいね。

    おまえも同じ馬鹿回答してるようだ! 同じ穴の狢 お粗末

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ja4********さん

2017/9/2908:51:09

他の方の回答にも有りますが、現在の契約方法は「実損填補」が多くなっています。
考え方としては3000万の新築価格だが、仮に被災しても(家族構成などが変化しているので)再建は1000万程度の物件で良い場合などに実損填補で契約すれば1000万までの損害は実際の損害額が填補されます。
従来の時価額による契約では新価3000万時価1500万(築後40年程度)とされている場合に1000万の保険契約では全焼の場合が1000万の保険金が払われるので問題にならないのですが、600万の損害(一部損害)の場合には1500万の価値に対して1000万・・・つまり2/3しか保険を掛けていない状態と見なされ損害額600万でも実際には2/3の400万円しか払われません。
このことが、契約者に誤解される(保険金額1000万なのになぜ600万が払われないのか?)ことも多かったのです。
時価額契約では、十分な補償ができるとはいいがたいので、「新価実損払」契約をお勧めします。
評価は現在での新築価格で評価して(保険会社と相談)、被災後の再建に必要な(必要とする)金額を保険金額とすれば良いと思います。
同じ規模の住宅が必要であれば新価による価格協定の契約をすれば良いのです。

eea********さん

2017/9/2819:58:33

下げる必要はないと思いますよ。

ただ最近では自然災害などの特約も充実してきているので
5年以上前に契約した火災保険なら見直した方が良いと思いますよ。

見直しすることで
新火災保険基準のランク分けになっていくので
全く同じ保険でも安くなったりします。

私も見直して安く出来ましたが
その時に探した私が唯一オススメできるサイトがこれです


http://kasaihokenerabu.seesaa.net/

ore********さん

2017/9/2415:26:54

保険会社の設定する時価の評価であれば、21年前に1800万円掛けてリフォームして、尚且つ2年前に200万掛けているので、新価の2000万に近い金額になります。保険会社の評価では人の住む住宅であれば年1%程度しか償却されません。途中でリフォームすれば価値が増えますので、申告すればあまり下がりませんよ。

法的な時価の考え方であれば、現在中古住宅として売却できる建物の価値が時価となります。場合によっては取り壊し費用を考慮してマイナスになることも良く有ります。

最近の火災保険商品は新価ベースの限度額方式を採用しているものが多い為、昔のように一部保険による比例填補払いのリスクを考える必要が無くなっています。

現在罹災した場合、同じ場所に立て直す考えをされるのであれば家族構成等を考え、次に建てる家の規模によって火災保険金額を決定されたら良いです。部屋数も少なくてよく、1000万円で再築されるのであればそれで良いですよ。

保険会社は代理店は自分達の収入のため、新価(再調達価格)での付保を勧めてきますが、あなたの考える次の住居を考えて決めればOKです。くれぐれも馬鹿な回答者に騙されないようご注意下さい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pro********さん

2017/9/2408:25:41

下記回答通り、最近の火災保険は新価での加入が
一般的です。
時価での加入では全焼時に家屋の再建は無理です
からね。

したがって、下げる必要はありませんが、念のため
現在加入の保険が新価補償型の保険かをチェック
しておきましょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

omo********さん

2017/9/2407:24:07

火災保険は時価ではありません、再調達です、下げる意味はありません

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる