ここから本文です

宅建業法において「買主が不動産業者の場合には適用がない」のっていわゆる8種制限...

syotayamaguchiさん

2017/9/2520:44:35

宅建業法において「買主が不動産業者の場合には適用がない」のっていわゆる8種制限だけですよね?

重要事項説明(35条)も宅建業者相手には必要ないっていう回答を以前何回か見たことがあるのですが、根も葉もない間違いですか?

閲覧数:
107
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

srosejapanさん

編集あり2017/9/2708:12:02

今年の法改正じゃないですか?

買主が宅建業者だと、去年まで重説は必要でしたが、今年から35条書面の交付は必要ですが説明は、不要になりました。

書面だけ渡して『あんた業者だから読めばわかるでしょ』ってなもんです。

それの事じゃないですかね?

あとは営業保証金の還付請求も宅建業者はできなくなりました。それに従って保証金の説明も不要になりました。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

maricoreamさん

2017/9/2705:06:40

勘違いではありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。