ここから本文です

2歳の子どもが急性脳症(二相性脳症)にかかりました。

アバター

ID非公開さん

2017/9/2800:44:22

2歳の子どもが急性脳症(二相性脳症)にかかりました。

2度目の痙攣は起こっていません。
ステロイドパレス療法2日目の時にMRIを撮った結果、もともと右脳に部分的にあった浮腫みが広がっていました。また、左脳にも少し浮腫みが出ていました。
ステロイドパレス療法が効かなかったということで、低体温療法に切り替わりました。

子どもの状態としては、
左足と左手があまり動きません。睡眠薬が入ってるので常に眠そうですが、意識もあり言葉も話せます。面会時に離れたりすると泣きじゃくります。脳波も異常ありません。
低体温療法に切り替わってから人工呼吸器をつけていますが自発呼吸もあるそうです。

今のこの状況で命を落としてしまう可能性は高いのでしょうか?
脳症で命を落としてしまう子どもはどの段階での死亡が1番多いのでしょうか。

閲覧数:
194
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tsumirehanaさん

2017/9/2806:56:13

痙攣重責型(二相性)急性脳症:指定難病129番

二相性と診断がついているなら、これで調べてみてはいかがでしょうか。

急性期の致死率1%とあります。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/9/2813:55:00

    ありがとうございます。
    自分でも調べて見ます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。