ここから本文です

交通事故の慰謝料に関して詳しい方お願いします。

アバター

ID非公開さん

2017/9/2821:24:26

交通事故の慰謝料に関して詳しい方お願いします。

よく自賠責基準、任意保険基準、裁判(弁護士)基準と聞きますが、これは後遺障害認定時に適用するものなんでしょうか?

もし、弁護士に事故の慰謝料請求等任し後遺障害認定を出さなかった場合は自賠責基準の通院日数x2 の1日4200円計算となってしまうのでしょうか?

閲覧数:
319
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ore********さん

2017/9/2822:26:15

傷害部分でも当然に三つの基準が有ります。本来弁護士法にて弁護士以外に認められていない示談交渉を保険会社が行いたい為、昭和46年に損保協会と日弁連が覚書を交わし条件付で示談交渉サービス付きの商品が認可されました。その条件の一つに弁護士基準(裁判基準)に準じた任意基準を作成し、被害者保護に努めるという内容でした。

しかし、金融商品の自由化以降、拝金主義に狂った損保各社経営者によって協定は保護にされ、自賠責基準での提示が行われるようになってしまっています。本来なら社会問題になってもおかしくないような行為ですが、マスコミに多大な広告費を支払う事によって隠している状態です。日弁連も損保業界が弁護士特約を作成する事をバーターに問題化しておりません。

このカテゴリーの回答者は、保険会社から教育を受けて自賠責基準を超えれば任意基準が適用されると信じ込んでいるお馬鹿さんばかりです。

当然被害者にも過失が有る場合は、任意基準を用いるよりも自賠責基準の方が慰謝料が高額になる事も有ります。無過失事故で有れば、保険会社は自賠責基準を下回らない場合は任意基準で支払わなければならないのです。

実質的には、低額な提示に疑問を感じ弁護士に委任する被害者は、弁護士基準での示談交渉になります。任意基準より弁護士基準の方が慰謝料等高額ですので、任意基準が問題化される事が有りません。しかし、弁護士が介入しない案件で保険会社が自賠責基準で示談交渉は行うのは詐欺的行為であると思います。

アバター

質問した人からのコメント

2017/9/28 22:54:46

明確な回答ありがとうございます。
1年くらい前に事故にあい、右も左も分からない状況だったために弁護士に依頼をしました。まだ、慰謝料の提示がない状況ですが弁護士に依頼すべきだったのか、はたまた自分でするほうがよかったのかと考えるときがありました。
ですが、今回の回答者さんのおかげで弁護士依頼をしたことは、真っ当な慰謝料を受け取れる可能性があることから安心することができました。
ありがとうございます。

「交通事故 慰謝料」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる