ここから本文です

29歳で弓道王者→翌年「単なる的当てで弓道ではない」とされ予選敗退 弓道ってこ...

kam********さん

2017/9/3022:34:56

29歳で弓道王者→翌年「単なる的当てで弓道ではない」とされ予選敗退

弓道ってこんなものですか?
何か、審査でひがみとかがあったのか・・・




弓道の増渕敦人選手は、かつて9割を

超える的中率を誇り、
29歳で天皇杯を史上最年少優勝。

40~60代が最も充実すると言われる弓道の常識を覆した。
しかし翌年、矢を全て的中させたにもかかわらず、予選敗退。

理由は「単なる的当てで弓道ではない」というものだった。
https://youtu.be/F4qqoS3M7Q4

的中率は高くても入場から退場までの所作で
大きく減点されたのだ。



圧倒的実力で29歳で弓道王者→翌年「単なる的当てで弓道ではない」とされ予選敗退 ふざけ:哲学ニュースnwk <http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5273881.html>

補足昇段試験は老人や子供はゆるいそうですが
この人は実績があるから、よくわからないですねえ・・・

最初は、若いから許された
そして弓道は的当てではない
と新陰流の人から聞きましたが、僕には理解できないですね

閲覧数:
3,848
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sjo********さん

2017/10/110:46:01

どう見ても老害の妬みですね。

それならば一本も的に当てることなく勝ち進んだ人がいた、
あるいはこれまでにいたはずですが、どうなのでしょうか?

それなら何も文句はありません。

しかしそうでないのなら、この老害どもが下した結果は
「単なるイチャモンで正当な判定ではない」ということになります。

そしてもしそうであるなら、この老害どもには、
所作と礼節と品格を重んじて潔く自害するべきだと思います。


【余談】
日本舞踊や茶道のように所作を真髄とするものならどもかく
弓道の真髄はあくまで矢を正確に的に当てることであり、
単なる的当てに格式張った形式を伴わせたものが弓道です。

射法八節も的に当てる確率を上げるための所作であり、
より確実に的に当てるためのもっと良い方法が見つかれば、
新たにそれが正しい所作となるのです。


武道とは読んで字の如し武芸武術の道です。
つまり敵を倒すための技術能力を極めることです。
ならばそれは日進月歩であるべきです。

狙った所に当たらない弓矢に何の価値があるのだバカヤロウ!
ですよ

  • sjo********さん

    2017/10/419:01:43

    【補足】
    綺麗事信仰。
    日本人が盲信する最も忌まわしいものですが、
    これが全ての元凶です。

    そしてそれに異を唱えることを恥辱とする思想。

    それが物事の原点を消失させていることに
    我々は気付くべきだと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2017/10/408:53:28

「弓聖」と過去に呼ばれた方がいました。その方は「的の向こうに宇宙がある」と述べています。
また、弓道は直接対戦する敵がいないこと、相手は的…言い換えると自分…なので、精神的な面が強調され「立禅」である、とも言われます。
およそ武道全般そうですが、武術から武道に変わっていくときに精神性が加わります。剣道や柔道など他の武道に関して言えば、人対人の試合ですから相手に勝つということがまず第一になります。
相手に勝てば全て、とも思えますが、しかし、柔道などでも怪我をした相手の弱点を攻めて勝っても日本では批判を集めることになるでしょう。

一方弓道では一般の射会や国体、学生の射会であれば単純に的中数やその獲得点数で優勝が決まります。
しかし、その最高峰である選手権、いわゆる天皇盃皇后盃では「射品・射格」がさらに求められます。ただ的に中てるだけならば銃やアーチェリーのほうがよほど確実、かつ精密です。無論、銃やアーチェリーに精神的な面が全くないわけではありませんが、弓道の場合その強調され方が特殊というべきでしょう。

かく言う私も学生の頃は「中たればいい」くらいにしか思っていませんでしたが、弓道を修練するに従ってただ中たるだけの射に虚しさを覚えるようになりました。狙ってただ中てるだけの射(コレだけでも実践するのは大変ですが)と、能く気を練って放つ射は比べて見ていると感動が違います。
正直なところ、範士の先生方の中には「老害」とも思えるような方もいないわけではありませんが、ただ中てるだけの射もまた見ていてもったいないな…と思います。

rin********さん

2017/10/118:23:52

>それならば一本も的に当てることなく勝ち進んだ人がいた、
あるいはこれまでにいたはずですが、どうなのでしょうか?

ルールを知らない人が批判するのは止めましょう。

全日本弓道選手権大会は予選で4本(2本を2回)を引きますが、2中以上で得点上位20位以内が予選通過の条件です。
2本で予選を通過する人もいれば4本中てても通過出来ない人もいます。それがルールです。

老害だとの批判もでていますが、増渕先生自体は一度も不平を言ってはいないはずですし、本人が納得しているのに回りが勝手に批判するのは如何なものでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる