ここから本文です

前経簿記1級 178回 仕訳問題

mat********さん

2017/10/205:48:23

前経簿記1級 178回 仕訳問題

当社は過日上海にあるSH社から特定商品$30,000の注文を受け
内金として$6,000を受け取っていたが
本日SH社へ注文商品を引き渡した。
なお内金受取時の為替レートは$1当たり¥82、商品引渡時の為替レートは$1当たり¥85である。

(借)外貨建前前受金492,000
外貨建前売掛金2,040,000
(貸)売上2,532,000
です。
前受金の金額は理解できましたが
売掛金、売上はどう出すのかがわかりません。
教えていただきたいです。

補足修正・・・全経

閲覧数:
17
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ske********さん

2017/10/217:04:00

売掛金=($30,000-$6,000)×85=¥2,040,000
売上=前受金+売掛金


基本的に為替の問題は
①外貨で仕訳
②換算
③差額を為替差損益
の手順でやるとミスが減りやすいです

今回の問題でやると
①外貨で仕訳
(前受金)$6,000(売上)$30,000
(売掛金)$24,000

②換算
(前受金)¥492,000(売上)¥2,532,000
(売掛金)¥2,040,000

③差額処理
今回はなし


なお換算レートは基本的には
将来決済するもの(売掛金や借入金等)はCR
既に決済したもの(固定資産や前受金)はHR
となります

「内金とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

rai********さん

2017/10/211:19:32

うちの会社はこういう仕訳をしません
全て予定レートでやります
両替した都度為替損益を発生させます
決算の時は外貨相場のTTMで評価
その際は切り離しせず洗い替えで翌期首に戻し入れします
為替損益は売り上げの別建て加減項目です
欠点は売上の外貨とその他の外貨の区別が難しい所

設例の場合は売上が時価に近くなります
204万は、単に
(30000-6000)×85
売上は貸借を併せるため足し算しただけ

弊社方式だと
前受の時
外貨492000前受金492000
販売の時
売掛金2460000売上2460000
前受金492000売掛金496000
残金を受け取った時
外貨1964000売掛金1946000
例えば85円で両替した時
預金2456000外貨2456000
預金94000為替損益94000

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる