ここから本文です

DVD Flickを使って、mkv形式の動画(30分[300MB]x3)をDVDにするべく、ISOを作りまし...

t_kume_rxさん

2008/7/2717:27:39

DVD Flickを使って、mkv形式の動画(30分[300MB]x3)をDVDにするべく、ISOを作りました。
ですが、実際DVDに焼こうとすると、DVD Flickで95%(4.3GB)と出ていたにもかかわらず、7.6GBくらいのISOができてしまいました。

圧縮してDVDに焼いてみると、映像が元の動画の1/2のスピードで再生され、音声と大幅にずれてしまいます。
動画1本だけでやってみても、同じように映像がとても遅く、音声が普通という奇怪な現象に見舞われます。

どうすれば直るのでしょうか。
よろしくお願いします。

補足kurohigeyakataさん、本当に丁寧に説明していただき、ありがとうございます。
[Any Video Converter]を使ってみましたが、変換しても音ズレしたままでした。
Any Video Converterのウィンドウの右側にある、動画を再生するところでは音ズレも無く、綺麗に再生されていました。
何故なのかが、未だよくわかりません。今からいろいろ試してみたいと思います。

閲覧数:
9,315
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2008/8/100:30:33

DVD Flickでの音ズレの原因は

1. 元動画の映像部分に「可変フレームレート(VFR)」が使われている
2. 元動画の音声部分に「可変ビットレート(VBR)や平均ビットレート(ABR)」が使われている
3. 元動画がタイムコード補正されている(特にmpg)
またDVD Flickで使っているffmpegの問題として
4. 元動画の音声サンプル周波数が44100Hzだと44100Hz<=>48000Hzの変換うまくいかない(DVD Flick外でも苦手なオーサリングソフト多いらしい)
http://deztec.jp/x/05/faireal/faireal-8-10-index.html#d50208
5. 元動画のフレームレートの小数第3位を計算しない(同じくDVD Flick外でも苦手なオーサリングソフト多いらしい)
http://mobilehackerz.jp/archive/wiki/index.php?%B2%BB%A4%BA%A4%EC%A...

【以上は そのファイルを 『ただ再生して見る分には全く問題ない』のに オーサリング後に音ずれする原因だと思います。
「真空波動研」等を使えば ある程度 元動画の状態がわかります。】

6. 録画やダビング 編集 ダウンロード等の失敗により元動画が一部壊れている
7. マシンパワーやメモリーが足りない
8. オーサリング中 PCに負担かけている
9. DVD Flickが何らかの原因で うまく動作しない
10. 海外製の安いメディアを使っている。
等々 いろいろ考えられます。

◎mkv形式の音声はOgg Vorbis形式(ほとんどVBRやABR)http://ja.wikipedia.org/wiki/Ogg_Vorbis
やmp3形式(VBR多し)ですので 今回の場合は主に 2. が原因で音ズレが起こっていると推定されます。

【対処法は いろいろあるようですが一番簡単なのは
http://pc.saloon.jp/article/3968003.html
2008年05月14日 13:23のコメント等で述べられてる方法と思われます】
「Any Video Converter」フリー版で
『「DVDビデオ・NTSC・mpg」にデフォルト設定で変換すれば 上の1.2.3.4. 5. の問題を回避できます』

また順序が前後しますが 左の%表示の話は 同じくhttp://pc.saloon.jp/article/3968003.htmlの2008年03月11日 00:39と2008年03月11日 12:56をご覧ください。95%以上はアテになりません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。