カレイやヒラメってジグヘッドにワークかそれともミノーなどのルアー系どっちが実績あるんでしょうか??また色はどのような色がいいんでしょうか?

カレイやヒラメってジグヘッドにワークかそれともミノーなどのルアー系どっちが実績あるんでしょうか??また色はどのような色がいいんでしょうか?

釣り1,266閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

ヒラメは、ミノーなどのルアー系で釣れますよ。 またジグヘッドにワーク系でも釣れます。 カレイは、仮に代表的なマコカレイとイシガレイとするとミノーなどのルアー系では、ほぼ釣れないと思います。 ジグヘッドのワーク系なら、パワーイソメのようなゴカイタイプの匂い付きなら釣れるかもです。 カレイをルアー系やワーク系で釣れた事がないので正確ではないでしょうが。

その他の回答(3件)

0

泳層維持機構がついてないジグヘッドワームやメタルジグは一定レンジをキープして引っ張るって難しい。リップ付ミノーは一定の深度を保って巻いてこれる。それ故、その釣り場の定番ミノーがわかれば考えなしに釣れる可能性がある。 ジグヘッドワームとメタルジグは底に落として引っ張ってまた底まで落とすを繰り返す。けどジグヘッドワームは比較的飛ばない、メタルジグは比較的飛ぶ。ジグヘッドワームはコストが安く数を揃えることができるのではないかな。選択によってはそこまで変わらないかもしれないけど。 カレイは魚食性の高いムシガレイなんかはルアーにかかるけどマコガレイなんかはは大型のシャッドやミノー、メタルジグにかかるのはほとんどない。

0

率直、釣りをしているフィールド・気象条件・ベイト・活性等々の条件が絡むので一概にも甲乙がつけにくいのが本音ですね。 巷では小さい個体はワームが有効とは言え、120mmのミノーにも平気で30cm前後のソゲクラスもよく掛かるし、2~3インチぐらいのワームで座布団クラスも掛かるので何が起きるか判りません、サカナのサイズも確実に釣り手側から選べませんしね(狙えるとしか表現できない)。現実はその状況に合わせて使い分けをせざる得ないので、何を基準に優位評価は難しいと考えてます。 貴方がヒラメ釣りが長く精通していれば、何となくそうかなと感じると思います。小生は参考までこんなローテーションした釣りをしてるので、優劣を考える事がある意味がないのでは…と思います。 ① フローティングミノー フィッシュ・イーターは全般的にやる気のある奴は上の獲物を意識していますので活性確認のため先発が多い。 ② ワーム ①がダメならワームで低層を狙います。フィールドの水深次第ではワームを先発にする場合もあります。 ③ メタルジグ ①②がダメならメタルジグ遠投で広範囲で狙う、状況次第ではフォーリングでリアクション・バイト狙いをする時もある。 カラーは潮の色より濁りや暗い時間帯はピンク系よりローテーションで澄んでいればナチュラル系よりローテーション(白・グロー・ピンク等)しています。ラメ入りも効果あり。それでも反応がなければ切り札のブラック系を使います。 ルアーの甲乙を考えるよりいかに釣るべきかを考えた方が楽しいかも。(貴方の価値観が違うならごめんなさい) なお、カレイは仙台湾沖の大型漁礁なら何枚か釣った経験がありますが、おかっぱりからカレイをルアーで釣るのは難しいです。あのおちょぼ口でヒラメと食性が根本的に違う魚種が多いのでね(オヒョウガレイなら別でしょうね)

0

小モノならワーム一確・・。 ※ミノーは40cm級から ジグヘッドにワームって つまり、ブラクリだし・・。 ※スーパーブラー+パワーイソメとか 伊達でふつーに使ってたけど