ここから本文です

借地借家法にて 賃借人の第三者への 対抗要件 A所有の建物又は土地 B借りてい...

makakamomoさん

2017/10/700:34:39

借地借家法にて

賃借人の第三者への 対抗要件
A所有の建物又は土地 B借りている

AはCに建物又は土地を譲渡して所有権移転登記をした
Bは対抗の条件である
借家の場合 建物の引き渡しを受けている
借地の場合 借地上

に登記ある建物がある

BはCに賃借権の主張できないのでしょうか。

所有権移転登記をしていない譲渡された者に対抗できると考えていいんですか?
教えてください!

閲覧数:
30
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2017/10/711:12:59

Bさんは、賃借権の登記がなくても、引き渡しを受けている(借家)B名義の建物があればCさんに対抗できるってことでいいんだと思います!!
残り8日おたがいに頑張りましょう!!

質問した人からのコメント

2017/10/7 14:12:49

ありがとう

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。