ここから本文です

大判小判の墨文字は手書きなんですか?

aki********さん

2017/10/1011:59:01

大判小判の墨文字は手書きなんですか?

閲覧数:
362
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dai********さん

2017/10/1022:40:52

江戸時代に関して言えば、大判は墨書きです。墨書きは手書きで決して印刷ではありません。大判の製造と墨書きを許されていたのは後藤家であり、「拾両後藤(花押)」の墨書きは後藤家代々のサインです。手書きですから後藤家以外の人が書いた偽物は見る人が見れば偽物と見破られます。後藤家の墨書きも代々によってそれぞれの筆跡の特徴があり、どの代の人が書いたものかしっかり判明しています。
小判は墨書きでなく、極印といって地金に強く文字を打印したものです。大判は大名家間の贈答用などに用いられましたが、小判は商業取引の流通を想定して造られていますから、流通で消えやすい墨書きではありません。

大判を造ったのも小判を造った金座も後藤家ですが、元祖の後藤家は大判を造った金細工や彫り物を専門職としていた方で、金座の後藤庄三郎家は大判座の後藤家から後藤の姓を名乗ることを許された方です。

墨書きも極印も貨幣の品位を保証するためのものであり、印鑑やサインと同じ意味を持ちます。

小判も江戸時代の少し前には墨書きのものが少量造られました。武蔵墨書小判や駿河墨書小判がありますが、いずれも手書きです。家康が江戸に入るまえに後藤家に作らせたのではないかといわれています。

質問した人からのコメント

2017/10/16 23:19:49

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

si7********さん

2017/10/1021:48:09

はい、手書きです。
ただし墨文字が消えたからと言って誰もが書いて良いわけでは
なく、専門の人(たしか世襲だったように聞いております)に
料金を払って書き直してもらった…そうです。

http://古銭.jp/kobankin/246.html

墨書きを担当していた家↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E8%97%A4%E5%9B%9B%E9%83%8E%...

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqm********さん

2017/10/1018:05:08

スタンプでは押せません。
全て手書きですよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる