ここから本文です

安倍政権になってから早5年。「生活向上の実感がない」、と言われるが、当然の事。

shi********さん

2017/10/1612:18:20

安倍政権になってから早5年。「生活向上の実感がない」、と言われるが、当然の事。

安倍首相は、経済低迷を、北朝鮮・・・、と国民をあおってひた隠しにしているが、実は、
ここ3年の経済成長率は、日、米、英、独、仏、中、韓、の主要7カ国のなかでは、連続、ダントツの最下位なのである。今や、世界は、「アベノミクス」の「ア」の字も発声しない。

安倍首相が勝ったら、あと4年、計9年の長期政権になる。今や誰も安倍政権に異を唱えなくなりつつある。カルル・シュミットが提唱し、ヒトラーが採用した思想(アクラマチオ:議論は有害、異を唱える事は政治の邪魔をする犯罪者)を、独裁政治を目指す安倍首相が採用しているためだ。

このままでは、経済順調の韓国(経済成長率は、ここ3年で、95位、102位、95位。対して日本は、171位、143位、155位)に、GDPで抜かれてしまうだろう。

補足最近、ID非公開族や、ID替え替え族が静かになってきたと思ったら・・・。
J-NSC指示によるコピペ荒らし族、が復活してきましたね・・・。目的のためなら手段を選ばない鬼畜集団。
やめてー!!と、言うと、逆にむきになって繰り返すネトウヨの嫌がらせ。困ったものです・・・。

閲覧数:
189
回答数:
25

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ivu********さん

2017/10/2115:35:38

安倍晋三が残したものを紹介すると…

共謀罪→監視社会
森友問題→血税8億円便宜
加計問題→96億円市税、37億円便宜
マイナンバー→個人資産、個人情報の管理
自衛隊問題→戦闘、問題隠蔽
消費税8%にアップ→議員、公務員の懐に費やす
物価上昇→NYダウ変動の結果
賃金殆ど変わらず→むしろ”使える実質賃金下がる”
戦争法→武器輸出、武器開発etc解禁
集団的自衛権→アメリカのポチ、盾
特定秘密保護法→情報非公開
報道の自由度72位下落→言論の自由排除
友達政治→友達優遇
隠蔽政治→嘘を付く、言い訳する、隠す
人事権官邸主導→安倍晋三独裁
北朝鮮問題→圧力、戦争
天下りetc→企業、民間を自民党派閥に変換
国会費用1日5億円無駄遣い…
記憶にございません、記録にございません、

国民にとってプラスになった事なんて何もないですよね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/24件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ryo********さん

2017/10/2309:52:42

ではその前の民主党が政権取った時(09年9月~12年12月)は良かったのですか??
ダメだから変わったんでしょう??しかも3年ちょっとで総理が3人も変わった。

別に自民党や安部総理を支持してるのではない。
どこが政権取っても誰が総理やっても同じって事よ。

今回の選挙では消費税を上げないって言う党首もいたがいずれは上がるんじゃん。

小池も前野も枝野も皆自民党出身でしょう???
選挙の度にコロコロ変わる奴に任せられる??^^

aoe********さん

2017/10/2309:05:15

自民党、自公与党の圧勝だな。
何か異論ある?
野党は与党の2倍以上の立候補者数ながら、実際の当選者数は与党の半分以下だ。
したがって、野党の当選率は与党の4分の1以下だ。

政党別当選率
順位 政党 ①立候補者数②当選者数③当選率

1 自民党 ①332②283③85.2%
2 立憲民主党 ①78 ②54 ③69.2%
3 公明党 ①53 ②29 ③54.7%
4 無所属 ①73 ②23 ③31.5%
5 希望の党 ①235②49 ③20.9%
6 日本維新の会 ①52 ②10 ③19.2%
7 共産党 ①243②12 ③4.9%
8 社民党 ①21 ②1 ③4.8%
9 日本のこころ ①2 ②0 ③0%
10 新党大地 ①2 ②0 ③0%
11 諸派 ①13 ②0 ③0%
12 幸福実現党 ①76 ②0 ③0%
合計 ①1180 ②461 ③39.1%

与党 ①385 ②312 ③81.0%
野党 ①795 ②149 ③18.7%
合計 ①1180 ②461 ③39.1%
(4議席未定)

2017.10.19 01:12更新
【衆院選】②
安倍晋三首相「当選したいがために看板を替える人は信用できない」 東京・池袋の演説詳報
http://www.sankei.com/politics/news/171019/plt1710190011-n1.html
私たちは、2012年、政権を奪還しました。あの当時のことを思い出していただきたいと思います。日本全体を黒い雲が覆っていた。行き過ぎた円高で工場や会社はどんどん世界に出ていったんです。中小企業や下請け会社はついていけないから、お店や工場を閉めるしかなかった。若い皆さんがどんなに頑張ったって、なかなか就職できない、そういう時代だった。
みなさん、日本の経済力、GDP(国内総生産)は1997年、536兆円で過去最高になりました。でも、その後はデフレで成長できなかった。旧民主党政権時代にはとうとう500兆円を切って493兆円になってしまった。あの時、民主党の人たちは何て言っていたか。「人口が減少すれば成長なんかできない」。こう言っていました。
でも、私たちはそう考えなかった。正しい政策さえしっかりと進めれば、やればできる、人口減少したって成長させられる。その思いで「3本の矢」の政策を進めてきました。結果どうだったか、民主党政権時代493兆円まで落ちたGDPが534兆円過去最高、みなさん50兆円も増えたんです。やっぱり日本人はやればできるんです。人口が減少したって、政策が正しければ成長していくことができるんです。
株価も21年ぶりの高い水準になった。「私は株を持っていないから関係ない」という方がおられるかもしれませんが、そうではないんです。皆さんにとって大切な年金は株式市場で運用していますから、この4年半で年金の資産は46兆円も増え、もう心配しなくてもいい状況を作り出すことができました。
また、海外からの観光客は800万人から2400万人にまで増えた。もっともっと増えていくと思う。日本人の観光客はだいたい5万円使う、でも海外からの観光客は15万円使う。ですから、いま海外の観光客が日本で使っているお金は4兆円になります。民主党政権時代はたった1兆円だった。4兆円になった。もっともっと増えていくと思う。
そして皆さん。中小企業、大切です。私は総理になって従業員9人の町工場を視察しました。この町工場の社長さんは、「従業員を大切にしろ」というお父さんが残した言葉を大切に守って、中学や高校を中退して入ってくる従業員を応援をして、定時制工業高校を卒業させました。そしてこの会社はリーマン・ショック後、大変厳しくなった。民主党政権時代は特に厳しくなった。でもお父さんの遺志を守って、誰も解雇せず、頑張って雇用を守ったんです。
その後、政権が変わって、だんだん状況が良くなった。従業員は彼の思いに応えて、一生懸命工程を改良して、生産性を上げた。販路を拡大したんです。その結果、自動車のスピーカー端子のメッキ、世界中を走っている車の約3割はこの工場から生まれている。まさに日本の中小企業の力です。日本人の力なんです。
われわれは頑張る中小企業を応援をしていきます。例えば、新しい機械を買った、お店を新しくした、そうやって売り上げを伸ばしたり、生産性を上げたりして従業員の給料を上げている、上げようと思っている、そういう小規模事業者に私たちはその投資に対して固定資産税を半分にする。約3年間半分にするという政策をスタートしました。もし初めて聞いた、あるいはなかなか分からないという方は聞いてください。丁寧にしっかりと説明をします。
また、大企業の社長に求められなくて、中小事業や小規模事業者、小さな会社やお店に求められるものは何か。それは個人保証です。設備投資をしようと思って銀行からお金を借りると、個人保証を求められる。家や土地や家財一切を担保にしなければお金が借りられない。一回失敗すれば終わりなんです。本人はもとより家族も人生を失うかもしれない。
これやっぱりおかしいと私たちは考えました。そこで私たちは新しい仕組みをつくりました。一定の条件を整えれば、小さな会社でも個人保証抜きでお金を借りられるようになったんです。こうした努力も実って、あるいは経済がよくなって、前の政権よりも中小企業の倒産はなんと3割も減らすことができました。もっと私たちは中小企業を応援してまいります。
2009年、私たちは政権を失いました。でも政権を失っても私たちは自由民主党という名前を変えようとは思わなかった。悪いのは党の名前ではない。やっぱり私たち自身に責任があった。何回も車座集会を、ミニ集会を開いて皆さんの声を聞いて、深刻に反省をしました。そして、ひたすらに政策を磨き鍛えてきました。私たちは「3本の矢」の政策で政権を奪還しました。デフレから脱却をして、経済を成長させ、雇用を作って、国民を豊かにしていく。こうお約束をし、一つ一つ私たちは実行してまいりました。
雇用は185万人分増えました。そして今日も若い皆さんにこの街頭に足を運んでいただきました。若い皆さんにとってはやっぱり正規雇用がいいでしょう。正社員になりたい。多くの人はそう思っている。とうとう日本は、一人の正規雇用を求む求職者に対して一人分の正社員の職がある正規雇用、有効求人倍率1倍を私たちは初めて成し遂げることができました。
前の政権時代はどうだったか。私たちに対して「正規雇用がない」と言って批判していた前の政権時代はどうだったか。あの民主党政権時代は正規の有効求人倍率は0・5倍でした。0・5倍でしかなかったんです。つまり二人の求職者に対して一人分の正規の職がない。そういう状況だったんです。
批判だけをしていても、やっぱり何にも生まれてこないんです。大切なことはしっかりと政策を立てて進めていくことです。
うれしかったことは、この4月、高校や大学を卒業して就職した若い皆さん、就職率は過去最高水準になりました。この前、会ったお年寄りが、私にこう言っていました。「安倍さん、最初の孫は運が悪いことに民主党政権時代に就職をした。だから、就職がなかなか決まらなくて悩んでいる孫を見るのがつらかった。次の孫はおかげさまで行きたいところに行けたんだよ」。こう言ってくれました。
若い皆さんが、自らの手で未来をつかみとることができる社会、そして働きたい人が働くことができる社会、この社会こそが希望ある社会ではないでしょうか。(聴衆から「そうだー」の声が上がる)。私たちはこれからも未来ある、夢ある、希望ある社会をつくっていきます。

◆経済指標の変化(①指標②安倍政権発足時③直近)
(A)①名目GDP②493兆円③543兆円
(B)①実質GDP②498兆円③529兆円
(C)①日経平均株価②1万0080円(平成24年12月25日終値)③2万0363円(平成29年9月28日終値)
(D)①企業の経常利益②48兆5000億円(平成24年度)③75兆円(平成28年度)
(E)①企業の設備投資②71兆8000億円(平成24年度)③82兆5000億円(平成28年度)
(F)①有効求人倍率②0.83倍(平成24年12月)③1.52倍(平成29年7月)
(G)①完全失業率②4.3%(平成24年12月)③2.8%(平成29年7月)
(H)①春闘の賃上げ率②1.72%(平成24年)③1.98%(平成29年)
(I)①消費支出(2人以上の世帯)②32万5492円(平成24年12月)③27万9197円(平成29年7月)
(J)①消費者物価指数(総合)②前年同月比0.1%減(平成24年12月)③0.4%増(平成29年7月)
(K)①訪日外国人消費額②1兆1000億円(平成24年度)③3兆8000億円(平成28年度)
*内閣府の資料などを基に作成

◆「GDP1%成長で大きな顔するな」の大放言 経済センスに疑問
希望の党代表の小池百合子都知事が、アベノミクスについて
「1%ちょっとGDP(国内総生産)を上げたからといって、大きな顔をするなと言いたい」と言い放った。
景気の実感に近いとされる名目GDPの成長率をみると、
2013年度が2.6%
2014年度が2.0%
2015年度が2.7%
2016年度が1.1%
と4年連続で1~2%台の伸びを記録している。
名目GDPの実額も2012年度の約495兆円から、2016年度には約538兆円に43兆円増えたという結果が残っている。
この20年をみても、日本はデフレ状況が続いたこともあって、1997年度からアベノミクスがスタートする2012年度までの間、1%以上成長したのは2000年度(1.3%)と2010年度(1.4%)の2回だけ。0%台の低成長やマイナス成長の年度も多かった。
ちなみに小池氏が知事を務める東京都のGDPは国単位で比較してもメキシコに次ぐ世界16位の規模だが、2016年度の名目GDP成長率は1.1減とマイナス成長を見込んでいる。残念ながら「大きな顔」はできない数字だ。
8日の党首討論でも消費税増税凍結やベーシックインカムの財源について安倍首相に問われ、明確な回答を避けた小池氏。公約に花粉症など「12のゼロ」を掲げているが、「成長はゼロ以下」にならなければいいが・・・。

mom********さん

2017/10/2207:10:39

え?株価20000円代をず~~っとキープしてるし、円安になって、輸出は利益出てるし、家は好調になったわ。

民主党政権の時は、株価は10000割れ、円高で物は売れんわ、リストラが始まって…。やばかったわ。ほんと、自民党になって良かった。3年の間にどん底にまで落ちて、まだその時の悪影響を払拭できない会社もあるけど、自民党政権なら、いずれ立ち直る。

成熟した日本に、大きな経済成長を望むのは間違ってる。
世界がグローバル化しているから、安い商品が、世界中から集められ、日本ではデノミ現象だ。今までの経済概念では測れない新しい時代になったんだろうと感じています。

経済成長率が高いほど、以前は貧しかった国であり、融資を受けられた国であることを示していると思う。

m2m********さん

2017/10/2204:43:38

じゃあ、どこがいいんだ?
批判したところで、誰がやろうとも同じだろう。
誰がやろうとも、無駄無駄。
改憲自体は自民党に限らず議論が出ている。
改憲阻止などと言ってるほうが少数派だろう。

数の力?当たり前だろう。
その数を獲得するのに、どれだけ苦労してると思ってんだ。

cho********さん

2017/10/2116:50:25

憲法改正したいのは政府側とアメリカだけです。憲法改正して喜ぶのは安倍氏とアメリカです。

自民党に任せておいたら平和主義、基本的人権、国民主権などが損なわれてしまう可能性があります。

受け皿は立憲民主が一番無難だと思います。

立憲民主は戦争のない平和を望む政党です。差別や偏見のない国を目指す心得を持ってる政党が立憲民主です。

自民党のように、国民を小手先で騙し与党優先の独裁政治で、物事を進めるような裏切り行為はしないと思います。

国民の意見を尊重して、国民の為に働く民進党を支持する方が国民は報われます。
与党を優先し、国民を騙す政治をする自民党を支持する方が国民にとってはマイナスだと思います。

憲法改正して独裁色が強くなる政治をして喜ぶのは政府関係者ですが、国民は違います。

国民を第一に優先してくれる政党を選ぶ事の方が現在の国民にとっては必要だと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる