ここから本文です

20cmキューブ水槽で水草水槽を作ろうと思うのですが、CO2発生装置などは、ライト...

oka********さん

2008/7/3000:17:35

20cmキューブ水槽で水草水槽を作ろうと思うのですが、CO2発生装置などは、ライトがなければ、設置する必要はないのでしょうか?

泳がせる魚はランプアイと石巻貝とヤマトヌマエビが良いのですが、20センチキューブ水槽では、無理なのでしょうか?

よろしくお願いします!!

補足ライトがなければ・・・訂正

ライトがあれば・・・訂正後

すいません。

閲覧数:
3,335
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2008/7/3021:02:55

照明がしっかりしていれば(光量に不足が無ければ)
CO2無しでも大丈夫な水草はたくさんあります。

しかし添加すればより育成が容易なケースも数多くありますので、
まずどんな水草を植えたいのか、
よく検討してから設備を整えていかれてはいかがでしょうか?

ちなみに水草の育成で最も重要なのは「水質」です。
これが水草の好む範囲にないと、枯れたり上手く育たなくなります。

20キューブ水槽でも不可能ではありませんが、
小型水槽でのコツとして、少なめの生体数での飼育は必須と言えます。
欲張って生体の数を増やすと、水の富栄養化によるコケ地獄
それを回避するために水換えの頻度を上げると今度は水質が安定しないなど、
だんだん維持が難しくなっていきます。
特に濾過の安定していない初期段階では、
生体は全部で10匹以下程度に抑えてください。
(出来ればそのまま維持が望ましいぐらいです)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

him********さん

2008/8/317:41:28

kujira_3000さんと同じく酔狂人間です。(笑)
20キューブ水草水槽を維持しています。
それどころか、水量2L弱の水槽も維持していて、
現在は水温維持に四苦八苦しています。。。
小さな水槽は夏場の水温維持が大変なので
熱帯魚飼育の経験が浅い方なら、もう少し待って
設置するか、最初からもう少し大きめの水槽に
した方が安全ですよ〜。

照明の有無ですが、基本的にはあった方がいいです。
照明が必要ないと言われている水草も 照明があった方が
状態よく育ちます。
しかし、二酸化炭素はライトがあっても無くても 基本的には
いらないと考えて下さい。よほど高濃度の二酸化炭素が必要な
水草にチャレンジするのでしたら添加もいいかなと思いますが。。。

何か勘違いされているようですが、ライトがないと二酸化炭素を
添加しても ほとんど効果が出ません。光がないと二酸化炭素を使って
光合成できませんからね。ですから、補足で訂正する前の方が
文章の流れとしてはしっくり来ますよ。。。

ちなみに、飼育目標のランプアイ、イシマキガイ、ヤマトは
総じて硬度の高い弱アルカリを好む生物です。
よって水草もこういった水を好む物を選んだ方が
いいでしょう。
間違ってもクリプトコリネなどを選ばないようにして下さいね。

付け加えると、小型水槽は水草のトリミングが大変です。
成長の遅い水草や 成長してもあまり大きくならない物を
選んで植え付けましょう。

kuj********さん

2008/8/312:39:23

20cm水槽で水草水槽を作るのは、酔狂以外の何物でもないです。
そんな酔狂の一人が私ですけれども。

> CO2発生装置などは、ライトがあれば、設置する必要はないのでしょうか?

それは水草の種類次第ですね。
CO2の強制添加なしで育つ水草など幾らでもあります。
大体、本にCO2必須とか書いてあるような水草の8割が、なくても余裕で育つじゃないですか?
ただし、水質はキッチリ合わせる必要があります。

本にCO2必要とか書かれているのは、「あんたら水質なんてロクに測りやしないだろ? だったらCO2を添加して負担を楽にさせてやれ」程度のことなんだと思います。
だから、あの水草もこの水草もCO2必須なんか書かれちゃっているのです。
# くっそ~、舐められちゃってるぜ。
絶対に添加が必要な水草は少数しかありません。

とはいえ、次のことも考慮に入れて下さい。

高光量になれば、その分成長が(半強制的に)早まります。
そうするとCO2が不足するケースが出てきます。
光量に合わせた高いレベルでバランスを取るために、強制添加不要な水草であっても添加が必要なことがあります。
このバランスを軽視すれば、コケたり枯れたりしてしまいます。
でも、添加すると水草が大型化することが多いですよ。

CO2が欲しけりゃ発酵式で適当に添加すりゃいいんです。
そう困ることでもありません...

--------------------------------

・背が低い水槽のため、トリミングがすっごい面倒。
・夏場の高水温はどないするつもりよ?
・しょっちゅう水足し、ろくに旅行にも行けねぇ!
・ヒーターとかが すっごい邪魔。
・レイアウトが限定されまくり。
・下手すりゃ魚は大喧嘩。
・草体の小さな水草なんて極限られてるじゃん。
・水草の成長に伴い短期リセット。
・増えた水草どうするよ?
・照明は20~30Wくらい欲しいが、小型の割にえらい高価。

水草水槽において底床の厚みは5~10cmくらいになります。
さらに水の蒸発とかで上から-1~5cmみますよね?
(飛び出しは考えない、飛び出させる組み合わせをする方が悪い)
水草の差し戻しなら、長さ8cmくらいは残さないと危険です。
じゃあ、成長して差し戻すまでどれだけよ?という話です。

20cmキューブの高さ20cmというのは無茶苦茶しんどい。
高さがあと5cmでもあれば、本当にありがたいと思うはず。
ヒーターの設置スペースを考えると、奥行きの+5cmも全然違います。

ね?酔狂以外の何物でもないでしょう?
(真面目に水草20キューブに取り組んだ場合)

個人的に卓上小型水槽でお金を惜しまないのであれば、25キューブが良いと思います。
25×25×30cmでもよいですが...

アクアリストには呆れられるのが関の山ですが、素人受けは良いです。
拘りまくって遊びましょう。

k__********さん

2008/7/3000:32:15

CO2発生装置が必要かどうかは、
ライトの有無とは関係ありません。

水草の種類によって必要かどうかが決まります。


あと、20cmキューブ水槽は非常に小さい水槽なので、
CO2発生させて… というなら、ウィローモスとかでしょうか。

CO2発生装置、というか、タブレット状の、
錠剤のようなものを使用すると良いでしょう。
(エビがかじる可能性が高いですが)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる