ここから本文です

パン生地に入れますイースト菌はタイミングとかありますか。水と一緒に入れてはダ...

アバター

ID非公開さん

2017/10/1920:09:51

パン生地に入れますイースト菌はタイミングとかありますか。水と一緒に入れてはダメとか。

閲覧数:
88
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jun********さん

2017/10/1920:19:14

ドライイーストはその名の通り、乾燥した状態になっています。
これは、イーストの保存と品質の安定のためです。
基本のドライイーストの使い方はパンに混ぜる吸水の一部に混ぜ、仮死状態から戻して使う方法です。
一般的なドライイーストは水と合わさってから15分ですべてのイーストが活動を始める状態になります。
これを予備発酵といいます。
これが、先にドライイーストを水に入れて少し放置した水に溶かしたドライイーストを使うレシピです。
どんなパンでも基本的にはこの方法です。強いていうなら相性がいいのはフランスパンなどのリーンなパンです。

次に最初に全部の材料全部(粉・さとう・バター・ドライイーストなど)を入れ混ぜ始めるるレシピですが、これはミキシングの長いパンを作る時に使います。
ミキシングが長いとその途中で予備発酵を終わる事ができるからです。
相性のいいパンは食パン、菓子パン、バターロールなどの調理パンです。

そして、最初に粉・水などを入れて少しまとまってからドライイーストを入れるレシピですが、イーストは糖分が多いと活動が早まるために、糖度の高いパンを作る時にこの方法をとります。
相性のいいパンは甘い菓子パンやブリオッシュなどです。

ご家庭でパンを作られる時は先にドライイーストを水に入れて少し放置した水に溶かしたドライイーストを使うレシピでいいと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

sak********さん

2017/10/2110:02:02

水に戻して活性化させてから使う方がいいですよ。

粉に合わせて使うやり方、水に溶いてから使うやり方、
別にどちらでもかまわないのですが
季節が寒くなってくれば水温を人肌(30度程)ほどに温めて
そこにイーストを溶かして、糖が入るならそれも入れてしまい
よく混ぜてから粉類と合わせる方が
酵母(イースト)は活発に活動します。
夏場なら生地温度が上がりやすいので水温を下げる、
春と秋は常温でされるといいデスね。

酵母って菌なので、菌の活動しやすい温度帯と
酵母のエサになる糖をもらえることで活発になるって事ですね。

bai********さん

2017/10/2010:46:13

イーストの種類によります


インスタントドライイースト、そのまま粉と混ぜて使えます

ドライイーストは、仕込み水(ぬるま湯)に溶かして予備発酵させてから使います。

とイースト菌にもいろいろあります。詳しいことは買った箱に書いてます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる