ここから本文です

「素直に謝らない友達」に困っています。 ・たとえば友達が私にぶつかって痛っ...

アバター

ID非公開さん

2017/10/2015:50:09

「素直に謝らない友達」に困っています。

・たとえば友達が私にぶつかって痛っ!と言えば⇒大げさだなぁ。

すぐそうやって大げさにする!(実際痛かったと説明したらふてくされる)
・遅刻した事に不満を述べると⇒道路が混んでいたから自分は悪くない(謝らない)
・気分を害する事を言われたから意地悪だなぁと言うと⇒私の方がもっと意地悪な事をされてるからいいんだ!

彼女は趣味の友達で、本当に長い時間一緒にいる友達なのでお互い様な部分はあります。
私もきっと気分を害する事をしているのだろうと思う事もあります。
ですが、「お互い様というのはお互い悪い事をしているから許されるのではなくて、
お互い悪い事をしてるから気をつけようと思うものではないのか?」
と伝えても一向に響きません。

以前喧嘩した際も「私のことだけ悪者だと思ってないならそれでいいや」
と話は解決していないのにそのだけに固執されて終わりました。
どうも「自分が悪者になること」にものすごく敏感に否定する癖があるようです。
あと、「下に見られたくない」気持ちがすごく強いようです。

普段は仲もいいし一緒にいて楽しいし、これまではたくさん我慢してきましたが
もう限界が近く、ここに書きだしています。。
離れようにも共通の友人も多く、難しいです。普段は本当に気が合う友達だし、失いたくないのも事実です。

同じような経験をした方、なにか相手に響くいい言葉などありますか?
喧嘩するたびに何が不満でどう解決したいか、細かく話すのですが一向に改善しません。
どうかお力を貸して下さい。。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
181,082
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

run********さん

2017/10/2015:58:32

質問者様のお気持ち物凄く分かります。
私も一番仲が良かった友達がいて、
小中一緒で高校はSNS上 たまに遊ぶ事を繰り返していました。
質問者様とは少し違いますが、
その友人も 明らか友人が悪い事なのに決して認めようとしないタイプでした。
私は普段あんまり怒らないし、滅多にキレないのですが質問者様と同じく我慢の限界が来てしまい LINEですが長々と約2ページ分の長文でキツく思った事を書きました。
ですが相手からの反応は納得してくれてないような返事でした。
私は呆れて、音楽でも聴けばリラックスできると思いその日や次の日、次の日も返信はせず既読無視をしていました。
そして次の日の夜LINEがきていて、
キツく当たった事が大きかったのか素直に謝ってくれました。
直して欲しいところもその時書いていたので納得してくれたみたいです。

いつも以上に少しキツめに言ってみてはどうでしょうか?
それでなにも変わらないようであれば失礼ですがその友人様はその程度 って事ではないでしょうか。
長々と失礼しました。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2017/10/2309:22:33

    こういう所が嫌だ、自分も直すから一緒に気を付ける努力をしてほしい、
    と何度も話し合ってきましたが、確かに「強く言ってみる」事は
    しなかったかもしれません。(もう縁を切る!と言った事はありましたが…)
    ご自身の経験踏まえて回答くださり、ありがとうございました。
    とても三校になりました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

miy********さん

2017/10/2016:26:44

そういう性格なんですよ、それでも友達だと思っているならば、それを飲み込んで付き合うんです。
私もそうですよ。ちょっと不満を感じる友達は何人もいました。自分には少しの非もないなと思ってました。
でも何を言っても響かない人には響かない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる