ここから本文です

屋根塗装と外壁塗装について教えて下さい。 新築で購入してもうすぐで15年程経...

raysunshinezさん

2017/10/2617:27:36

屋根塗装と外壁塗装について教えて下さい。

新築で購入してもうすぐで15年程経ちます。購入当初と比べると当たり前ですが、汚れが目立ち、くたびれてきた印象があります。

ただ、今のところ機能面で不具合があるわけで

はなく、あくまでも見た目の問題です。

だいたい10年位経ったら、リフォームを頭に入れたほうがいいと聞いたことがあるのですが、知識に乏しく業者に知り合いもいないので、どうしたらいいのかイマイチわからないです。

そろそろ屋根塗装と外壁塗装をしたいとは思っているのですが、どのようにしてリフォーム業者を選べばいいのでしょうか?

何かポイントやコツなどを教えていただけると助かります。

閲覧数:
127
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nusujackin90さん

2017/10/3117:12:32

確かに今までリフォーム(外壁塗装や屋根塗装)をしたことがない場合は業者選びで困るかと思います。

ただ、業者に知り合いがいなくても、知人友人等でリフォーム、外壁塗装等をした人は居ませんか?もし居るなら紹介してもらうといいかもしれません。

知人友人等でもリフォームを行った人が居ないのであれば、多くのリフォーム業者が参加している一括見積もりサービスをご利用になって業者を選ぶのもひとつの方法です。

下記のページでは安心して利用することができる外壁塗装、屋根塗装の一括見積もりサイトが紹介されています。無料で利用できて料金の比較もできるので、よかったらご活用下さい。

http://xn--rms9i4iz57do86a82h.net/

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

god_okatatuさん

2017/10/3117:55:16

絶対に止めたほうがよいのは、広告をたくさん出している会社、営業マンがたくさん回って受注しているような会社。
理由は、広告費も営業マンの給料も、売り上げから出ていますので、その分の利益が乗っているのならまだしも、通常は一般的な金額で受注していますので、結果として現場にかけている人件費が多く削られているからです。手間仕事なのにそのための費用が削られているので、十中九以上は正しい施工をしないからです。

一括見積サイトも使用しないほうが良いです。
少なくとも契約金額の10%を取られ、場合によっては見積客を紹介するだけで数万円の紹介料を取るサイトもあるので、真っ当な会社は登録しません。営業だけの会社も多く登録していて、なぜか関西にしか拠点がない会社が東北でも登録されていたりと、明らかに地元下請けを使ってやっつけ仕事をするだけす。

信用してはいけないのは、一級技能士や職業訓練指導員の肩書き。
理由は、どちらも「上手い」事を証明するものではないからです。技能士は、現場技術とは違った(試験用の)技術が一定あると証明するだけのもので、主に公共工事でリクエストされることが多かったので組合の研修会を受ければすごい下手でも受かっています。後者は、その組合活動を一生懸命している人が取っているようなもの。身内試験なので・・・・押して知ってください。

経営者が、職人出と言うのも微妙。学ぶことをする人なら良いのですが、多くが学ばない・・・と言うか使用している塗料の注意書きすら読んだことがない。。。やたらと「任せてくれればバッチリ仕上げますよ」などと根拠がないことを言う人もいて、細部が非常にいい加減であったりします。管理されないと真っ当に出来ない人が多いのもこの手の人たち。現場ごとに考えることが出来ないのかも。。。

以上を逆に考えると、広告は出さないか、たまに出す程度で、営業マンも居ないか、居ても一人ぐらいで、経営者も営業したりと飛び回っていて、経営者が学ぶ人で、知識がいっぱいあって、当然に建築の知識も相応にあって、技術的などのような質問にも、抽象的でなく、論理的に説明できる人が管理している会社ならよい会社であることが多いです。当然ですが、平然として論理的にいい加減な事(ウソ)を言う人もいますので、答えたことが理論破綻していないかの確認は必要です。そのためには、あなた自身が、正しい知識を身につけることも必要です。ネットでは、情報サイトや、自称専門家のブログなどでも、平然とウソや古い情報が出ていますので、できれば専門書を呼んで学んでください。

それと、どのような会社でも「絶対に○○しない塗料」とか「30年もつ塗料」と言いだしたら、眉唾です。防水になって、断熱性能があって、汚れなくて、耐久性があるなんて塗料ありませんから気をつけて。海外の塗料もパンフレットの性能は出ないと思った方が良いです。特に耐久性が日本の物に比べるとガクンと落ちますので、宣伝文句を鵜呑みにしないようにしてください。

曽根 省吾さんの写真

専門家

2017/10/2915:04:06

本当にいろいろな業者選びがあります。

間違いない可能性が高いのは、社長が一級塗装技能士、または職業訓練指導員の、もともと職人さんが創業した業者さんがいいとは思います。

もちろんこれも確実ではないですが、ありとあらゆる業者選びの中で確実性は断トツだと思います。

ただし厳密にいえば資格を持っているかどうかというより、社長さんが職人かどうかがポイントです。
資格がなくてもいい腕の職人さんはいっぱいいるので。
ただ職人さんかどうかを一般の人が確かめるためには、国家資格を持っているかどうかでわかります。

塗装工事は経過が不確実でも完成品は素晴らしく見えるものです。
資格や許可が不要な業種だからこそ、やり逃げの工事もやりやすくなります。

新規参入、、と言っても数年経過している業者さんも存在しますが、そこは数年たってからでないと品質がわからないという塗装の特徴でもあります。

なので新規参入というよりかは、元来職人業者かどうかというのは業者選びではとても重要なポイントになると思います。

専門家プロファイル 専門家プロファイル(外部サイト)

adboris19さん

2017/10/2619:07:37

本気で探すのでしたら、知識量を増やす事だと思います。

ネット上の集客目的の情報や、集客目的のセミナーなどに惑わされない知識です。

最終的には、依頼しようとする施工会社の施工現場に出向く位の意気込みが欲しいです。施工現場にこそ、隠しようのない本当の情報があります。

知識の無いご近所の方の判断基準での口コミや、ただ近いからとか、塗料が良いからとかを基準にするといい結果が出ないことが少なくないでしょう。

外壁塗装の良し悪しは施工で決まります。

知識・技術共に一流の職人に思う存分働いてもらえる環境を契約時に作ることを意識して選ぶと良いと思います。

http://adboris.net/

良かったら参考にどうぞ

2017/10/2618:33:04

リフォーム後のアフターサービスの事を考えると地域に密着した工務店に依頼するのが一番だと思います。

地元で変な噂が流れてしまったら商売上がったりなので、手を抜かずに仕事をしてくれると思いますよ。

まずは見積もりだけでも頼んでみては?

takeaya0114さん

2017/10/2617:49:54

こんにちは。

外装は出来上がりについて確認することがなかなかできないケースが悩みどころですよね。

以下は外装・塗装について無料相談と最大5社からの無料一括見積もりが依頼できる全国対応の専門サイトです。また、見積り後、希望と合わない場合は「お断り」の連絡も代行してくれます。実際の施工例とアンケートを掲載していますから、出来上がりのイメージを把握できるのも良いかなと思います。

http://type29ssx.com/site/hikaku_mitsumori.reform.html

ご参考にどうぞ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。