ここから本文です

障害年金について、老齢年金の受給者の母は人工透析患者です。 平成20年の暮れ...

can********さん

2017/10/2803:06:10

障害年金について、老齢年金の受給者の母は人工透析患者です。

平成20年の暮れに糖尿が悪化して入院、その流れで透析が開始されました。

現在、聴覚障害があり補装具費用支給申請の手続き

で耳鼻科で検査をした結果、等級が上がったと説明がありました。

4級から3級になる、申請すれば等級が上がるからと説明があり、まずそちらの手続きをすることになりました。

高度難聴から重度難聴に変わります。

この段階で障害年金の事に気がつきました。

現時点で手続きをしたことがありません。

透析患者なので申請できたのでは?と思います。

ただ年齢が平成20年だと母は64歳の時になります。

障害者手帳を取得したのが翌月の一月で、65歳になっていました。

一月が誕生日です。

初診日が大事と聞いたのですが年齢が微妙です。

時間があるとき1度年金事務所に相談に行くべきでしょうか?

ちょうど診断書を耳鼻科に持っていきますので考えています。

現在、年金をもらっていて65歳過ぎでも申請は可能なのでしょうか?

閲覧数:
181
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

js1********さん

2017/10/2806:54:11

老齢年金と、障害年金、両方貰うことはできません。
65歳時に、老齢年金か、障害年金どちらかにするか、
決めなくては行けないと思います
65歳過ぎで、年金をもらっていれば、障害年金に変えられません。
ただ、市町村により、障害により、
一時金などで、お金を貰える自治体は在ります。

質問した人からのコメント

2017/10/28 08:24:37

解りました、ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる