ここから本文です

創価学会に関係する質問で、

アバター

ID非公開さん

2017/10/2808:18:51

創価学会に関係する質問で、

「創価学会はどうして嫌われているのですか?」とか「創価学会はどうして叩かれるのですか?」というような内容の質問に対して「創価学会が嫌われる原因」として創価学会の関係する事件やトラブルを説明するサイトのURLを入力したりするのは変ですか?

ウィキペディアには「社会問題にまで発展した問題」や「創価学会と犯罪」という項目で創価学会に関係するトラブルや事件が書いてありますし、創価学会の本部がある東京都新宿区信濃町を「オカルトタウン」として紹介しているサイトでは町内を巡回する関係者らしき人の様子を紹介したりしています。

創価学会の事をあまり知らない人が創価学会の事を調べている時に創価学会に関係するトラブルや事件などを説明するサイトを見つけたら「創価学会はこんな事をする」と思われて嫌われる可能性が出てきたりすると思うのですが・・・

閲覧数:
212
回答数:
13

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

変じゃないですよ

>真偽不明な情報を掲載しているサイトを紹介している人は、普通に頭が悪い、もしくは頭の弱い人って思われますよね。

>あえて陰謀論を信じ込む人は一般的にはバカにされますね。

と今日も上から目線の汚物はアタマが変ですけど

あと、現れるだろうライオンも

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

xo3********さん

2017/11/109:15:49

すでに創価は日蓮正宗・大石寺から破門となったカルトもどきです。


もとは正しい日蓮正宗の信心でしたが、異質な池田教となり、平 成に入ってお寺から破門となりました。
問題なのは、特
に、破門以降に創価によって作製販売された魔障のニセ本尊です。開眼供養といわれるものがなく お寺のものに似せた鬼神入り御本尊です。毒気がものすごい。


これは現在も、創価の会員に配布しており、事故や病気などを引き起こし非常に危険なものです。



ニセ本尊
http://www.k4.dion.ne.jp/~smile.on/




自由の砦

http://www.toride.org/

kin********さん

2017/10/3120:50:51

創価学会の不幸は日蓮正宗の流れを選択した事です。正のない日蓮宗は神仏を祀っても何ら問題ありませんし、他の仏教も同じです。日蓮正宗は神様を祭らず、日蓮正宗がいくら逆立ちしても神様を超える事は出来ません。平たく言えば仏教はそれぞれの子孫の先祖様が浄土に行けるよう供養することが現世の役目と思います。その奉仕の中でお釈迦様の教えを学ぶのが人間として尊いのです。
子供が生まれれば宮参り、子供が少し大きくなれば七五三、夏は夏祭り、秋は収穫の秋祭、正月は初詣、2月は節分祭、春はひな祭りと端午の節句、40歳になったら初老の厄払い、60歳では還暦祝い、その後は喜寿・傘寿・米寿・伯寿と節目節目にお祝い事が有り、これが日本の伝統行事・日本の伝統文化なのです。これを否定する新興宗教や日本共産党の団体は他にも沢山ありますが良き日本の伝統文化には宗教の違いや考え方が違っても素直な心で参加し、世界にはない日本伝統文化を日本人は堪能すべきではないでしょうか?

lio********さん

2017/10/2908:59:44

ネット上、この知恵袋上でも創価学会への根拠のない誹謗中傷・デマが横行していますね。

単なる無知は、そのような誤解と不安を生みだすだけです。
是非この機会に、本当の創価学会を知ってください。

★はじめての方へ(創価学会とは)【創価学会公式HP】
http://www.sokanet.jp/hajimete/

★世界に広がる創価学会【アメリカ篇】
http://www.sokanet.jp/pr/cm/usa/

★池田大作名誉会長の足跡【創価学会公式HP】
http://www.sokanet.jp/sokuseki/

nao********さん

2017/10/2820:00:13

張り付けているものは事実

bus********さん

2017/10/2815:36:15

創価学会が叩かれている件については、教義的な理解が必要ですが、創価学会の関係する事件やトラブルを説明するサイトのURLを貼っている人たちの大半は、かつては創価学会員であり、諸々の理由で信心を退転・脱会した人たちで、世間の学会に快くない感情を持っている人たちが、それに同調しているのです。

彼ら彼女らは、自らの信心の狂いから学会にいられなくなったにも関わらず、自分が学会から出たのは、学会の組織や幹部、活動のやり方に原因を転嫁し、学会攻撃に余念がありませんが、その根底には「怨念」が存在します。

この質問に回答していらっしゃる方の中にも、元創価学会員の方がいますが、脱会してもなお、学会批判を続けるのは、学会に対する強い怨念からです。

言ってしまえば、創価学会を叩いている人の中の、元創価学会員の人たちは、「怨念」に支配されていると言っても過言ではありません。

「怨念」に支配された人生が幸福であるわけがないのは、説明を要しませんね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる